長年にわたる各地へのスピリチュアルツアーを続けるなか、参加者の皆様からいただいている感想文のほんの一部をここにシェアさせていただきます。
.
 ~ 2017年 7月、ホピ、アリゾナ~ユタ州、グランドサークルの旅から~
heart
ようやく旅の写真を見返して、長いようで短かった日々の出来事を振り返っていました。夏のアリゾナツアーに参加するのは今回で通算4回目。アリゾナといえば、日差しギラギラで暑くて乾いている!というのが定番でしたが、今年は雨が多くて、しかも肌寒いという全く違ったものでした。いつでもお日様が出ている天気が良いと思っていた私は、今回の雨や曇りの天気が残念でなりませんでした。自然現象を変えることなど到底できないので仕方なしと思っていましたが、とんでもない!!!表現する言葉が出ないような美しい風景が、私たちに絶妙のタイミングで見せてくれたのは本当に有難いことでした。

初日のセドナ・サンダーマウンテンの夕焼けは少し曇っていましたが、徐々に日が落ちていく時の空に輝く夕日の赤が映し出され、小さな虹が現れてなんとも幻想的。
翌日のカセドラルロックでは、End of Trailの先になんとも神々しい塔のような不思議な岩がある場所に導かれ、この土地のとても大切な何かを垣間見たような時間を過ごしました。
ホピランドでは、今年も暑い中でカチナの神様たちの熱い踊りを見るのだと期待膨らませて村に入れば、曇天の下、風がビュービュー吹く中、凍えながらお祭りを見させていただき、こんな夏もあるのかとホッカイロをさすりながら笑ってしまいました。

そんな出来事の後に、美保子さんが偶然村で知り合ったばかりの I おじさんに連れられて、普通じゃ絶対に入ることができない村の奥へ案内してくれ、ヒエログリフの遺跡や、だいぶ前にインディアンが住んでいた住居を見られたのはとてもラッキーでした。時が進めば風化して無くなってしまうのでしょうが、この目で実際に見たことは無くならないのでしっかりと覚えておきたいと思います。

また、I おじさんのスペシャルスポットに行き、心静かに自然の声を聴く時間が与えられ、しばし過ごすと「Everything will be all right」という言葉が浮かんできました。今、その意味を改めて反芻すると「あるがままを受け入れ、なるようになる」という意味なのだと思います。こんな言葉を自然からいただけるなんて嬉しい限りです。というより、自然はいつも何らかの形で私たちに語り掛けているのに、それを受信する感度が鈍っているのかと思うと残念な気がします…。

そのあとペイジへ移動し、ナバホ族が昔住んだ住居、土と木でできた「ホーガン」に泊まりました。現実世界から急に切り離されたような、見渡す限り何にもない平原にポツリと存在するその住居は、存在感があって、中に入るとホッとするような安心する空間でした。夜になると焚火かランタンの灯りしかなく、遠くに街の灯りが見えるだけで、天の川が肉眼で確認できるくらい抜群に見える星空を楽しみました。パートナーが星空の写真を撮りたいと願っていたので、こんなに美しい星空を見ることができて感激していたところ、まさかのUFOがくっきり写ってしまうという出来事!夜中に美保子さんと三人で踊ってしまうほどのハプニングでした!(笑)

そしていよいよ今回のグランドサークルの要、ザイオン国立公園、Narrows、ブライスキャニオンに向かいました。特にブライスキャニオンは、テレビや写真でしか見たことのない場所でしたので、あの風景が!と期待したら雨で雲の中?霧の中?真っ白!(笑)ここまで来て見れないのか~と思ったら、まさかの雨がやんできて視界が開けてきて…!はぁ~っとため息しか出ない、美しすぎる幻想的で神秘的な風景が秒単位で変わっていく光景は、その場にいた人しかわからないと思います。まるで神様や天使がバシバシ飛んでいてもおかしくないくらいの美しさ、でした。

次にバーミリオンクリフへ向かいますが、移動途中は雨で景色はどんより。ユタ州からアリゾナ州境の山を越えていくとだんだんと雨がやみ、赤い大地がぱぁーっと開けてきて、これぞアリゾナ!という景色が広がりました。
美保子さんがこの風景を見せたかったのよ!と言っていたことが心底わかるほどの光景。そんな素敵な場所に宿泊できるのも、神様からの贈り物ですね。
その夜も星空がきれいに見えたので、宿から少し離れたところで星空の写真を撮ることになり、不思議な形の岩や、昔の住居を交えて撮影会。UFOは出ませんでしたが、宇宙旅行をしてきたような写真が取れて楽しいひと時を過ごし、翌日はセドナへ向かいました。

最終日のセドナでは、昨年お休みだったハンバーガー屋さんでがっつりハンバーガーを頬張り、思い残すことなく完食した後、カセドラルロックを臨む川へ。今年は水量が多くていつもの場所が水没、川の流れも少し変わっていて、おまけに雷はゴロゴロ。自分が望むような天候ではなかったけれど、アリゾナの陰と陽をどちらも体験できたことはよかったと思います。

ツアーの皆さまとお別れをするフェニックスでは、またもや美しい虹が現れて、何らかのメッセージを一人ひとりに与えてくれていたような気がします。

さらに、私たちはオラクルハウスに延泊させていただき、ツアーと違った、実家に帰省したようなそんな感覚で二日間を過ごしました。

Zip Lineというワイヤーで降下していく普段できない遊びをしました。美保子さんがまさかのノーブレーキで突っ込んでいく様子は、参加している他のみんなの口をあんぐりさせていました(笑)が、オラクルの広大な自然を空から、まるで鳥になった気持ちで景色を眺めたり、風を体感できたのは貴重な体験、とても楽しかったですね。
それから、ドリームキャッチャーを教えていただきながら作ったことも嬉しかったです。以前、ジープ島で美保子さんが島に流れ着いたもので作っていたのを見ていて、作ってみたいという願いが叶いました。作った小さなドリームキャッチャーは今後、きちんと完成させて飾りますね。

また、滞在中の美保子さんの手料理はどれもにうまくて(特にカレーはすごかった!ので、作り方教えていただきたいくらいです)、お手伝いに来るエンジェルズのお兄ちゃんたちがガツガツと飯を食らうっていう理由がとても分かりましたよ。また食べに行かないとだな!
私たちのわがままをすべて叶えてくれた今回の旅、天気はどうであれ、英語が話せなくても、どの瞬間もとても充実したものでした。この機会をいただけたことに感謝し、またいつかアリゾナを訪れる日を楽しみに、毎日の自分の使命を生きることにします。
美保子さん、今回もいろいろとありがとうございました。
(T さん、埼玉県)

heart 美保子さん

 3 年連続の旅、どうもありがとうございました!今年は更にパワフルな風景や驚きの事態にも遭遇し、まさにコスミックなジャーニーになりました。
いつものアリゾナの青い空と灼熱を期待していましたが、今年は肩透かし…
それもまた違う視点でのアリゾナを知るという貴重な体験にもなりました。

今年も無事にエアポートメサでサンライズを肌で感じ神秘的な夜明けを迎えました。カセドラルロックでは「END OF TRAIL」のあとの本当のENDの場所へ誘われ本物のカセドラルロックに出会う事ができました。

その後、ホピランドでは夜明けと共に始まるダンスを見学…去年、一昨年とは違い寒い中でのダンス…おかげで男たちの肌に描かれていた文様がハッキリとキチンとした形でお目に掛かることが出来たのもミラクルです!
偶然出会うことになったホピ族 I さんのおかげで、古の英知ヒエログリフの見学まで出来てしまうというのは、ちょうど読み終えていた本にもあった「日本にあるペトログラフ」をアリゾナの地で目の当たりに出来る幸せ!
そして、I さんと交わしたタバコ…ここでも「見てみたい!」「やってみたい!」ということが瞬時にかなってしまうミラクルに出会うことが出来ました。
ナバホ族のホーガン宿泊では、普段の生活で「空飛ぶ円盤見たいなぁ…」なんて呟いていたことがまさかの現実になろうとは!!   思いもよらぬビッグプレゼントになりました。
電気も水道もガスもない本物のインディアンの生活様式の宿泊施設で、素晴らしい夜空の星たちの撮影…
美保子さんと自分とパートナーの3 人で行った夜空の撮影では…
3 枚の写真に見事「空飛ぶ円盤」が写っていた時の歓喜と驚きは、今思い出しても新鮮です!
そして昨年「来年はブライスキャニオンへ行きましょう!」と体験談を締めくくりましたが、本当に今年ブライスキャニオンを訪れることが出来ました。
ブライスキャニオンだけでなくザイオン国立公園にまで訪れることが出来たのは感謝感激です!
ザイオンでは反り立つ岩山に圧倒され、ナローズでは川歩きで大自然を感じ、
往復の道のりでは野生の鹿やヤギに出会うことも出来ました。
ブライスキャニオンは、天候に恵まれず、ブライスポイントで真っ白の雲の中にキャニオンがあるという事で見えず仕舞いかと思ったとき… 雲が晴れ始め、晴天時では体験できない幻想的で神秘的なブライスキャニオンを見ることになりました!
まるでアニメの世界の様な風景が広がり圧巻でした。
紺碧の空にバーミリオンカラーの奇岩が立ち並ぶブライスキャニオンの写真が当たり前の中で、雲の中から現れるブライスキャニオンを写真に収めることが出来たのも正にミラクルです!
更に去年訪れたバーミリオンクリフ…「ここに泊まれたらいいなぁ…」とパートナーと話していましたが、それも叶ってしまい! とっても美味しい食事と素敵な部屋に宿泊し、ここでも満点の星空の撮影をし、奇岩との夜空は地球という事を忘れてしまう不思議な風景でした。
旅のパート2でのオラクル滞在では、先ずはZIPLINEの体験…スリルと興奮のアトラクションは最高でした!機会があればまた遊びに行きたいです!
ただあのヘルメットかぶると…工事現場の人に変身してしまいますけど(笑)
オラクルハウスで去年は即興で作った「お好み焼き」でしたが、今年は準備万端でしたので完ぺきな下町のお好み焼きを作ることが出来ました(笑)
その後はノンビリと過ごすことができた上に、ハチドリやカーディナルの撮影も出来て、今年は去年出来なかったことが全て出来たという素晴らしいジャーニーになりました。途中でハトを救護するアクシデントもあり、命の尊さを学ぶ機会にも遭遇しました。
全ての事は最高のタイミングで、来るべき時に来て、成就するときに成就する…
色々と学びの多い今年のジャーニー、驚きと感動が盛り沢山なジャーニーは、自分にとってもパートナーにとっても成長の糧になったかと思います。
来年は何処に行きましょう!という宣言はありませんが、準備が整えば全てが成就するのでその時にまた決断します!
旅の間中、虹の歓迎が多数あり,、そんなことにも感謝!という楽しい旅を企画していただきありがとうございました!
(E さん、埼玉県)
~ 2016 年 10月、魅惑のアリゾナ、石掘りツアーから~
heart  今回5回目の参加のツアー。アズライトとペイソンの水晶、珪化木とクレーターの観光の予定が、ペリドットが追加。盛り沢山のツアーになりました。アズライトも別の場所でさらに採取でき、帰りの荷物の超過となりました。(自宅に帰り、おそらく200以上ある標本の整理におわれています)やはり、アズライトの結晶は大好きです。しかもアズマラカイトと言える標本も多数あり、今回の目的は果たせたと思っていますが、残してきた石がよみがえり、また採集に行きたくなるのが、石キチたる所以かもしれません。
ペリドットがあのように採り放題、壊し放題には困りました。また、アパッチの歴史的なものも少し感じることができました。
ペイソンの森はいつものように、魅力的であり、こちらも際限のなくお持ち帰りが増える一方でした。試したかったことが、果たせたこと、しかし、また別の試したいことができ、こちらも石キチ状態です。
化石の森、クレーターはもう一度、地学を勉強しなおす必要を感じる魅惑的な別世界でした。石以外にもみごとな稲妻、セドナの夕焼けも体験できたりと・・・本当に盛り沢山なツアーでした。今回は若い、運転をしたいという人が同行したこと、小人数なためわがままが言えたことがさらに思い出深いツアーになったと考えます。最後に、案内の方との出会いや食事でもアメリカを実感でき、美保子さんの暖かい心遣いが行き届いていたことに感謝します。
さらに魅惑的な石ツアーの企画を期待します。試してみたいことが増えました!

(Mさん、長野県)
~ 2016 年9月、聖シャスタ山、マジカルツアーから~
heart シャスタマジック!  まさにその言葉がピッタリの今回のシャスタの旅でした。
今年の1月に、インディアンフルートを手にした時、「いつかネイティブの土地で吹いてみたい。」その願いが叶って、なんと!シャスタのお山で風を感じながら「アメイジンググレイス」の曲を吹く事ができ、最高の気分でした。クリスタルカイザ−の源泉のお水は、とっても柔らかくまろやかな味がしました。緑溢れる豊かな森、そこで出迎えてくれたのは、虹色に輝く彩雲でした。次々と風に運ばれる美しい雲、ゴールドもハッキリ見え、あまりの美しさに皆でずっと雲を見上げていました。その日はずっと彩雲が見えていました。シャスタ山から見える彩雲も素晴らしくきれいでした。キラキラ輝く滝、清らかな川の流れ、木々の向こうの真っ青な空、ずっとそこにいたいほどでした。洞窟へ行く時は、あちこちうろうろしてなかなか着けませんでした。「洞窟が私達を受け入れてくれる時がたどり着く時」、そう思いながら歩き、やっとたどり着いたら、そこは異次元では?と思う空間が広がっていました。地下へ招待されたような体験。瞑想し、タイムトラベルを楽しみました。いろいろな美しいビジョンが見えました。

森の中で、時間を忘れて妖精さんと遊んだり、踊ったりしたことも、とっても楽しい体験でした。

シャスタマジックにかかったような不思議な出来事や、感動の連続の旅、とっても楽しく幸せな時間でした。ご案内くださった美保子さん、たいへんありがとうございました。
一緒に旅した皆さん、お世話になりありがとうございました。
(Mさん、東京都)

heart 世界七大聖山と言われるパワースポット。 国立・州立公園や森林保護区が存在し緑あふれる森林、山々、湖、滝、小川、泉などの雄大な自然。お馴染みのミネラルウオーター「クリスタルガイザー」はシャスタ山が源泉なので水道水も飲める。

ネイティブアメリカンの聖地。内なる統合=気づきをもたらす。地球のボルテックス…天使、妖精、精霊の住む所。
地球の第8チャクラ=魂を司るところ。富士山と似ているのはエネルギーラインで繋がっているから。
古代レムリア大陸が沈んだ所で山の地底には地下都市テロスが存在する所と言われる。あたり一面は数々のエネルギースポットやエネルギーが大地から湧き出るボルテックス、時空を超えたアクセスが可能なポータル、地球のレイライン等が数多く存在するので、一緒に行った仲間も「エネルギーを強く感じる」を連発した人もいました。勿論私も強く感じ、感じるのが当たり前の環境に漬かっている感覚でした。その為、高次元の波動を感じたり、肉体的な浄化や感情が湧きあがったり、人生の転機を迎える人がいるということも納得します。私は今迄以上に感覚が鋭くなりました。
また本来の自分に出会う場所でもあり、エネルギー磁場が高いのと大自然に包まれて、同行の仲間は、自然と涙が出た人、感覚鋭敏になった、森の精霊が見えた、神聖な存在を感じたり、UFOに遭遇した等色々な得難い経験した人等、色々な体験や感覚、気づきがある旅でした。一緒に参加した仲間5人とガイドの美保子さん全員感性が高く、見えないものが見える人、感じる人、神聖な存在のお言葉が聞こえる人等と共に行動出来なんとも贅沢で幸せな旅でした。
次また来たくなる場所、シャスタ山、ありがとうございます。次回は夏に企画して頂けらた幸いです。
美保子さんが「祈りの旅」と命名したように各地で神聖な存在に場をお守りする見えない存在にお祈りさせて頂きました。共に日本から一緒に参加した仲間5人に感謝いたします。私達を受け入れ包こんでくれた大自然に感謝いたします。
この地に来させて頂いたことに感謝いたします。聖地に入らせて頂きありがとうございます。
私の希望を直ぐ受け止めて、貴重なツアーを企画して頂きました鈴木美保子さんに御礼申し上げます。
(Hさん、東京都)
heart
~ 2016 年 7月、ホピランド、グランドキャニオン、セドナツアーから~

heart 美保子さん

 今年のツアーも、様々な感動をありがとうございました!
去年成しえなかった念願の素足でエアポートメサに立ってパワーを感じる、メディテーションをする事を達成しました!スカイランチロッジでのサンセットは一味違ったセドナを感じることもできました。
ホピランドでは夜明けからのダンス見学、念願のスタートからエンドまで1クールを2か所で全部見ることもできました。相変わらずカルチャーセンターでの食事は、ブルーコーンも懐かしさと美味しさを楽しみ、素晴らしい風景は心に沁みます。センターのレストランで出会った男性の方は、まるで亡くなった長老の使いといっても過言ではなかったですね! 日本に在住していたなど不思議な繋がりを感じました。
グランドキャニオンの壮大な景色と地球の刻んだ歴史を堪能し、ホピポイントのサンセット…
旅の前に「やりたい!」と思っていたことがすぐさま叶うというサイクルが増えている中で、
これも叶ってしまうんだなぁとしみじみ感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ホースシューベンドでは、去年撮れなかった角度からの撮影も成功し、
アンテロープキャニオンではカメラの使い方をナバホのガイドさんから教えていただき、素晴らしい写真を手に入れることも出来ました。
そして、グレンキャニオンでは立ち寄った場所も壮大でしたが、レストランで出会った退役軍人の男性…
自分の過去生においてホピランドの方も含めて、今回の旅でも関わりの深い方たちとの一期一会の出会いも素晴らしい思い出になりました。あのレストランでの食事…味もボリュームも最高でしたね!
レイクパウエルは貯水量が少ないということはさておき、やはり壮大な景色と川の水の色の素晴らしさとアリゾナでは稀に見る水量の流れ…ラフティングや釣りをする人々… 大自然の恩恵を肌で感じることも出来ました。
セドナへ戻ってからのセッションでは自分はどういう人間なのかということを認識することができたり、聞きたかったことも聞けて良かったなぁとつくづく思います。
旅の仲間がセッションを受けている間、歩いて「TLAQUEPAQUE」まで灼熱の中歩いて行って帰ってくるという貴重な体験も出来ました。車での移動のありがたさを痛感しました(笑)
フェニックスでマッサージを受けた際には…とんでもない伝説を残してしまいました(笑)
今回の旅のパート2、オラクルハウス滞在では、またもや念願のJasonと会い楽しい時間を過ごせたことは本当に楽しかったです! 滞在中は、スエットロッジ体験、そしてJasonのワイルドなスペシャルツアー、様々な生き物との出会い(シマヘビはびっくりしました)…
サンキャッチャー作成は初めてでしたが、みんなの作品に惚れ惚れしてしまいました。
Jason との会話から「お好み焼き&たこ焼き」を作ることになりましたが、材料が全て揃っているという事に感謝です!日本で作る自分の受け継いだ「お好み焼き」がほぼ100 % 再現できたのは自分でも嬉しいことでしたが、それをみんなに振る舞えたことも幸せを感じました。
旅の間、車の運転をほぼ任せていただいた事は感謝の極みです。パートナーも国際免許を持参していたので、運転させてもらえたことに感謝しています。
旅の間、星空の撮影に挑みましたがオラクルでの星空は格別でした!去年出会うことのなかったスコール、グランドキャニオンでの雹の襲来、スエットロッジ中のサンダーメディスン…バラエティーに富んだツアー本当にありがとうございました!
 そして、来年もまた宜しくお願いします! まだまだやり足りないこと、感じたいことキリが無いです。
来年は、ブライスキャニオンへぜひ行きましょう!
(O さん、埼玉県)
~ 2016 年3月、南インド、アユルベーダ施設で解毒と再生ツアーから~
heart 初めてのインドの旅、シュカの葉リーディングやアーユルヴェーダを体験しました。
どちらを通しても、私は今回の旅は、自分が妊娠するための心身の準備をしに来たんだなと感じることができました。
シュカの葉リーディングでは、現在とこれからの自分を確認し、アーユルヴェーダでは身も心もスッキリ、デトックスされました。シバ神のもと不安や心配を破壊・手放すことができたような気がします。
アーユルヴェーダ治療院ではたくさんの出会いもあり、ゆったりとした時間の流れを感じ、まるで現実世界とは違う空間に居るようでした。
美保子さんとの旅はいつも一般的なツアーでは味わえないことばかりで、今回も本当に心から笑って、心から癒されて・・・・・ほんとうに大満足の旅でした。本当に本当にありがとうございました。
 (A さん、千葉県)
heart 10日間のインドの旅を通して、今の自分には有り余るほどの貴重な体験をさせて頂きました。普通のツアーだったら決して体験できない、奥深いものでした。カレー三昧、コラージュ三昧、マッサージ三昧とまさにデトックスツアーでした。

あらためて自分と向き合い、実力を確認することで人間的に成長したいとモチベーションが上がりました。
10日間、本当にありがとうございました。美保子さんのお陰で二度とないスペシャルVIPな研修でした。
(M さん、沖縄県)

~ 2015 年、恒例ペイソン水晶、アリゾナ石堀りツアーから~
.

heart 今回のツアーでは、最初に寄ったミネラルショーをはじめ、たくさんの場所に行けたのが印象的でした。そして行く先々で収穫があり、やっぱり楽しい思い出いっぱいに終わり、大満足でした。

ジェイミーが連れて行ってくれた山の中での静寂感、サボテンの生えた山と広い空を眺めているとヒュ〜っと風が吹く感じが、ペイソンの森の中とはまた違う雰囲気でした。砂金のパンニングでは炎天下の砂地で砂をすくい、日が暮れるまでクリソコラの洞窟を掘って、ペイソンの森、アスベスト鉱山の道、銅山など・・毎日、アリゾナの大自然に浸ってシアワセでした。

ツアー後半では美保子さんのオラクルハウスに滞在できたのも印象深いです。
とくに、オラクルに着いたとたんの大きなダブルレインボー、夕日で輝く山の美しさは感激でした。あんなに素晴らしい景色は見たことがありません!大自然のギフトに感謝です。翌日には日輪、その翌日またダブルレインボーを見れたのも不思議です。オラクルの星空もきれいだったし、オラクルハウスもとても素敵なところで、出発の朝は寂しかったくらいでした。

今回も、こんなに楽しくていいのか、というほどのツアーでした。この思い出を噛みしめながら、また行けることを願っています。
(H さん、石川県)

heart  昨年に引き続き、2 回目のアリゾナ石掘りツアーの参加♬ 昨年初参加のツアーがとても楽しく、帰国直後に今年のツアーのお願いをしようと思ったら、その時には既に満員御礼….(@_@;) 人気ツアーですものね…。と思っておりましたが、有り難いことに運よく今年も参加させていただけることになり、これ以上ない位のモチベーションで参加させていただきました!しかしながら、今年初めに手首を骨折し、病院では完治と言われるものの、違和感アリアリで、出発まで大事をとって一切の無理をしてない。その運動不足の状態でフィジカル面で少々不安がありました。現地に到着し、石をこよなく愛されている皆さんと共に行動できることで、そんな不安は微塵も感じることなく、アリゾナの雰囲気に身体まで癒されたようです。
今回の参加者は全員リピーター♪ このことを友人に話すと、どんだけこのツアーが楽しいか!よく分かるわって(笑)石がある場所で、石がお好きな方と過ごすのは最高の贅沢に思います!
 今回は前回の採集地以外の採集地も増えた為、多くの種類の石を持ち帰ることが出来ました。
また参加者一同からリクエストし、砂金パンディングのツアーにも参加することができたのはいい経験になりました。(主人は持ち帰った我が成果の貴重な金を小さなボトルの中で見つけることが出来ません。ウフフっ)
  採集方法ですが、掘り出す。叩き出す。と色々ありますが、わたし的には「拾う」。 これがベストです。昨年はペイソンの森で水晶を掘りだすことに集中した結果、くたびれ果て、かつ、その努力に必ずしも報われる成果があるわけではないことにすっかりやる気が失せ、昼寝をしておりました。
何しにいったのよぉ~(>_<) (注:見つける人は見つけられます!私のカンが働かなかっただけですね(泣))なので今年は「拾う」ことにしたんです。
 その結果、数、大きさ、キレイさにおいては昨年とは比べ物にならない少々残念な結果でしたが、自分のペースでのんびり森を楽しみ、くたびれ果てなかったことが良かったです。
今回は(も)美保子さんの石の人脈のお陰で、普段は入ることが出来ないようなところに連れて行っていただいたり、たまたま出会った方とのご縁で素晴らしい石を拝見することが出来たり、その都度その都度最高最善のフレキシブルな対応で旅を進めて下さった美保子さんには感謝いっぱいです。
石を研磨することが出来なかったのは残念でしたが、暗くなるまで採集地にいたら、そんなこと、今年は無理でしたよね(笑)もっともっと時間が欲しかったです。そんなこと言い出したら、どんな長丁場の旅になるかしら^m^
すべては次回のお楽しみにしたいと思います。
どうもありがとうございました。またアリゾナの地でお会いできることを願ってます♥
(H さん、愛知県)
.
heart  今回も最高のツアーであり、また宿題を残したツアーであったと思います。
今回の目玉はアズライトでした。帰ってから顕微鏡で見ても、本当にきれいな結晶です。しかし、彼のすてきな標本を見ていますので、また行きたい気持ちが強くなって来ています。
また、採集以外の目玉は、オラクルに行けたこと。虹の歓迎もありましたが、本当にすてきな時間でした。ジェムショーもこじんまりして、楽しめました。今も購入品を毎日眺め、いつかは採集したいとまた、希望が膨らみます。
ジェイミーが案内してくれた産地での標本にもすばらしいものがありました。そして、アスベストは今後もう少し勉強したいと思っています。
ペイソンの水晶は相変わらず、きれいで今も水中で泥落としをしています。化石付きの母岩が採れたことも今回の収穫ですが、まだ一つ宿題は残っています。ツアー自体では今回、リピータであったことでツアーの流れがスムーズであったのかもしれません。
もちろん、想定外が起きるのに、結局はいい方に流れていくのが、美保子さんのツアーのいいところです。アメリカ西部の酒場で本場の生ビールを飲めたのは、まさに想定外でした。
本当に毎回素敵なツアーであることに感謝します。このツアーがうまく行っている理由は、石の魅力ということもありますが、やはり人とのつながりでしょうか?
ほんとうにありがとうございました。そして、またよろしくお願いします。
(M さん、長野県)
 .

~ 2015 年 ホピ、セドナ、アンテロープキャニオンツアーから~

 

heart 美保子さん、先日のツアー、どうもありがとうございました!
初の海外旅行で、アメリカ先住民族の文化に触れる体験を出来たのは、自分の人生にとって大きな影響がありました。
エアポートメサ、セドナ市街、ポピランド、アンテロープキャニオン、ホースシューベント、モニュメントバレー…
どれを取っても素晴らしい体験になりました。

パワースポットとされるエアポートメサでは、足から伝わるエネルギーを感じることも出来て、次回は裸足で感じてみたいと思います。スカイランチロッジとポピカルチャーセンターでの宿泊では、素晴らしい星空の写真撮影も実現し、宇宙の素晴らしさにも触れ、幼少の頃に見た茨城での星空を思い出しながらシャッターを切っていました。

その後、ホピランドでのカチナダンスの時は、過去生の記憶が甦って、心からの嬉し泣きになったのは自分でも驚きでした!この風景を知っている。
このダンスを知っている。この町を知っている。
ホピランドではNGでしたが他の場所を撮影したいくつもの写真を見返したあとのデジャブー… こんなに一気に体験したのは、まさに生まれて初めてでした。

Center of the Universe…その本当の意味も実感しました。そして、予言の岩…写真で見るものとは違う感覚がジワリと伝わってきたあの感覚…今の世界が置かれている状況…それを凝縮したような現在の日本… 心底考えさせられています。

ホースシューベント&アンテロープキャニオンでは、ガイアの織り成す感動の風景、モニュメントバレーでは素晴らしい風景と共に、僅かな時間でしたが、本当のインディアンの暮らしを目の当たりにして懐かしさが込み上げてました。カエンタの町では過去生の第二次世界大戦の記憶と共に、戦友の無念さに憑依されたのは予想外でしたが(!)、これも今までに経験したことの無いことでした。

また、旅の間アリゾナの大地では、車の運転をさせていただけるなど貴重な体験もさせていただけたのも、自分の人生に大きな喜びとなりました。
番外編としては、前日乗り込みでフェニックス市内で出会った方と友達になれた喜びもありました。今回の旅では感動と興奮のあまり、落ち着いて自分を見つめることが疎かになったのが心残りでした。来年も旅に参加して、こんどは落ち着いて全てを堪能したいと思います。現地の文化に触れ、人とのふれあい…
今の日本が忘れてしまった人情を沢山実感できたアリゾナ…
本気で心から移住したいと思える場所…
間違いなく自分の人生に影響を与えたことは確かです。日本に生まれた意味、今回の体験の意味…全てを理解したときまた素晴らしい体験が出来ると思います。また来年も宜しくお願いします。
そして、素晴らしい体験をもう一度出来ることに感謝してその時を心待ちにしています。
(O さん、東京都)

 

~ 2014年、ペイソン水晶、石堀りツアーの旅ー ご参加の皆様から~

 

heart 美保子さん、今回は、ツアーでは大変お世話になり、ありがとうございました!
絶対に、他の方のツアーでは味わえないような、美保子さん手作りの、ユニークなツアーに参加することができ、本当に楽しかったです。世の中には、いろんなツアーがありますが、大きなツアー会社が企画するようなツアーとは違って、
美保子さんの魅力とパーソナリティーが溢れる、とってもほのぼのとしたツアーだったと思います。

ツアー参加者の方がたの世話もとってもよくされて、美保子さんの優しさと、親切さが溢れていると思いました。
英語も話せない、外国も慣れたい・・・というお客様にとって、とっても安心して頂けるツアーだと思いました。

私、個人については、このツアーでなければ絶対に味わえないようなアドベンチャーを経験できて、人生の思い出に残る日々となりました!そして、今まで以上に、石たちにも、愛情がわきました。 一つの石を掘るのに、こんな苦労があるんですねぇ・・・・
またご縁があれば、美保子さんのツアー参加したいです。これからも素敵なツアーを企画してくださいね。ベストなタイミングで、ツーソンのツアーにも、行きたいな♪ と思っております。本当にありがとうございました。
( マリディアナ万美子さん、ハワイ)

heart  今回も本当に、お世話になりました!
以前一度このペイソンツアーに参加させて頂いたとき、とっても楽しく充実し、満足していたので、正直2度目の参加は考えていませんでした。(また行けたらいいな? というほんわかした想いはありましたけれど)いつも思うのですが、何でも時と人と、つまりはタイミングが合うということなんですね。実質的な部分の自分のタイミングも全て含めて。
今回、最後の一名枠にぎりぎり飛び込んで、参加させていただくことになったのですが、不思議なご縁で、素晴らしいメンバーと出会え、一緒に石を掘る!というまずなかなかありえない時間を共有し、結果ほんとに満喫させていただきました。
ジェイミーのアテンドによる砂漠ツアーは、もう100 %アドベンチャー!トラックの荷台にしがみつき、絶対無理でしょっていうぼっこぼこの道を突き進み、やっとの思いでたどり着いた穴ぐらで、砂埃を巻き上げながらクリサコーラを掘る。
あんなに砂まみれになったことはないかもしれない・・・。鼻をかんだら赤土色だし。それでも、自分なりに奇麗だって思える部分を掘り出し、担いで穴ぐらから這い出て、ほんっとに重いのに日本まで持ち帰る・・・・。こんなに楽しいことってあるでしょうか!
河原でのドゥルージー採集ではサボテンに攻撃されてかなり痛い目みましたけれど、持ち帰った石をジェイミーのお宅で研磨したら、採集とはまた違うサプライズ(磨かれた石の変わり様!)があり、はまってしまいました。そしてジェイミー宅のワン子たちの人なつっこさや、ジェイミーの手料理の美味しさ!

後半はペイソンに移動して、ホテル宿泊の水晶堀りツアー。ペイソンの森は、感じるままに書くと、とても優しくて豊かでした。元気一杯のライアンのおしゃべりを聞きながら (何言ってるかわかりませんが)必死で山越え。
一日目は自分の限界を超える程、掘り続けました。掘るのも、拾うのも、本当に楽しい。日がくれるのがもったいない!なんてお昼過ぎ頃は思っていましたが、帰り道の山越えがものすごっくキツい。欲張りはいけませんよね。

ペイソンの森に感謝して、とびきりの水晶を少しだけ頂いて、今回は古の貝のついた石まで拾えて、私は本当に満喫させて頂きました。自分の大切なホットスポットに私たちを連れていき、水晶を掘らせてもらったライアンには感謝の言葉が尽きません。森の中の木のふもとに、枯れた木を重なり合わせてほこらにして、
これ僕の家だよ!!^0^vっていうライアンがとってもキュートでした!!ライアンに会えて、幸せを沢山沢山分けてもらえました!!どうも ありがとう ございます!!ライアン

そして、今回ツアーでご一緒させていただいた皆様、美保子さん、本当にありがとうございました。
美保子さんのツアーならではの、すばらしい出会いに感謝です。また、お会いしたい名残惜しさを残しつつ、日本にて日常に戻り、時々、ペイソン水晶をながめてうっとりしようと思います。美保子さん! 今後ともよろしくお願いいたします^^
(M さん、沖縄)

 

heart まず、今回ペイソンレムリアンダイヤモンド発掘ツアーに、素敵なメンバーの皆様と参加できたことに感謝です。まずは前半のクリソコーラ掘り、洞窟を降りていくと、あちこちに青い筋状のクリソコーラが見え、まさに自然のままの姿に感動でした。その夜と翌朝の、ジェイミー宅での原石の研磨も楽しかったです。ジェイミーのコレクションを分けてもらったものもきれいですが、自分で拾った原石を研磨していくのも、なかなかできない体験でした。

後半、ペイソンの森ではライアンを先頭に、どんどん森の奥へと進んで発掘現場へ。スコップでたくさん掘って、運よく地面の中から美しいクリスタルが現れたときは、感激の一言でした。すこし泥をぬぐうだけでキラキラと、魅惑的なレインボーがたくさん輝いていました。
その後数日間、目を閉じると、クリスタルのレインボーが脳裏に浮かび続けるほどの感動!
今でも、こんなにきれいなクリスタルを自分で掘り出してきたのが半ば信じられないような感覚ですが、手に取るたびに本当にハッピーな気持ちになれます。どこへ行っても広大で美しい自然のなかで活動できたのも最高でした。
本当に楽しくて、気が付けばあっという間に終わってしまいましたが、大切な思い出になりました。
(H さん、石川県)

 

~ 2013年、サンタフェ、チャコキャニオン・・・巡礼ツアー ご参加の皆様から~

 

heart マジカルツアーでした!今回の旅はすべてが初めてのことでした。そして素晴らしかったです・・・。感想は、沢山ありすぎてここでは、お伝えしきれません・・・。
英語が全く出来ないくせになぜか申し込んでしまい、後から、なんで英語も全く駄目な私が現地集合のツアーに一人で行こうとしたんだろう・・その時はちょっと後悔した私でした。後にその思いも考える余裕がなくあっという間に当日になってしまい・・・。(笑) 本当に目的地まで行けるの?!?
そんな思いを軽くしてくれたのは行きの飛行機の中で隣に座った方との出会いでした・・・。なんか、私にはエンジェルみたいに見える(思える)人で、その方のおかげで、どれだけ心が軽くなり助けられたか・・・。
空港やら、ホテルまでの、その間にもちょっとした、さりげない人達(エンジェル)の助けで、無事に部屋に到着・・助けてくれた人たちが、エンジェルとしか思えないくらい・・・。本当にホンワカと穏やかな気持ちにさせてくれました。

そして翌日、美保子さんに初めてお会いして・・とても嬉しかったのを覚えています。今までそんなこと感じたことがなかったんだけど・・美保子さんとハグして挨拶した時に・・なんだろ、ふゎ~っと、温かい??何かを感じました。(美保子さんにもまだ話していませんでした!笑)
行く所行く所、素晴らしいところばかり。そしてミラクルばかり・・・。そのミラクルって・・・決して華々しい登場じゃないんですよね・・・。本当に自然になじむように・・・さりげなく、そして、粋に登場する!!それが最高でした・・・。じんわりじんわりと、嬉しく穏やかな気持ちにさせてくれます・・・
沢山の事がありすぎて、とても印象的に残っていることも幾つもあります!

ですがあえて挙げれば、“ブルーの印”が幾つも、いくつもあったこと・・・。特に青い鳥を見たこと、青い色のトンボが右手の指にとまった時は・・なんだかとても、静かに・・でもドキドキと嬉しかった・・・。そして、ホピの予言の岩での出来事・・・。

偶然に(本当は偶然じゃないけど♪)出くわしたホピの女性が、岩の説明とその場でセレモニーをしてくれたこと。その女性の持っていた巾着が、なんと!!スパイダーの柄であったこと!!
美保子さんとその女性はスパイダーウーマン!!もう凄すぎます・・
その巾着はブルーの生地に一部(スパイダーのところが)白地でスパイダー自体は黒だったと思います。何日経っても・・・何故だろう・・・あの巾着がとても印象的に心に残っているんです・・・。とても素敵な余韻を心に残してくれました・・。
その他にもホピの村で出逢った日本人青年や、その時、その時出逢った人々・・・。沢山あります。

素晴らしい景色や、遺跡を巡ることができて、幸せです・・・。でも一番の宝は、今回の旅で初めて出会った人達との出逢いです・・・。行く所 行く所で助けてくれた人。訪れた場所で出会った人々。そしてこの旅行を供にした素晴らしい仲間。美保子さん・・・。この「出逢い」に勝るものは無いと思うほど今回の旅での一番の宝です・・・。
本当に素敵な出逢いに感謝です・・・。ありがとうございます・・・!

本当に大変な長距離を運転して下さった、美保子さん、H さん!ありがとうございます!
楽しく、いつも笑いが絶えなかった素晴らしい仲間たち、そしてナビゲートして下った美保子さんに・・・乾杯!!そしてありがとう!!感謝とともに・・・!!
(U さん、北海道)

 

heart  昨年に続き、夏のツアーに参加させて頂き、昨年より3日多く、移動距離長い、大変ディープで実り多い旅でした。
セドナとホピ以外は初めてで、見るものすべて新鮮でした。全行程通して「先住民族」がキーワードとなり、色々学ばさせて頂きました。外食は5 回のみで、あとは美保子さん始め皆様スーパー調達の食材による朝食、昼食(ピクニック)、夕食とヘルシーで楽しい時間でした。美保子さんにはお米、果物等ご持参頂き、食事、運転、ガイド役、同時通訳等等、昨年にもまして本当にお世話になり、ありがとうございました。セドナのカセドラルロック登山と、逆側小川沿い散歩は楽しかったです。カルチャーセンターで昨年もお会いしたホピのマーチン長老に再会出来て感激。ホテビラ村のカチーナダンス、二回目はステップに注目すると難しい。

必要な所で必要な案内がうまいこと現れる!美保子さん曰く「体感体得」とのこと。今年は屋根の上で見学中、カチナが私たちにパンを投げてくれた! 昨年より景気が上向いたお陰?貢ぎ物が増えたのかもとのこと。天然パンはおつな味でした。
今年は昼休みと休憩中、見知らぬ旅人の私達を食事提供に接待してくれたホピ村の人々に感謝です。圧巻は、半円形の二重虹を見た時、参加者全員が感謝感激~幸せ~!。

キャニオン・デ・シェイのガイド、先住民のS さんの名ガイドぶり。数回目訪れたのR さんの気持ちが分かる程心地よい空気のサンタフェ。ユネスコ文化世界遺産のチャコ・キャニオンは想像力を働かせる程ワクワクでした。
タオス・プエブロで、お父さんの作るドラムと自ら作るジュエリーを売るD さんの心意気、お父さんの教えに皆な、感動しいました。

チマヨは美保子さんブログにあるように最近とみに人工的建造物が増えたそうで、100年前~200年前の自然、当時の人達の暮らしを想像し思いをはせました。米国最古の温泉、オホ・カリエンテでの二連泊は、いきな計らいでした。キャンプファイアーしながらアセンショントーク。テラスで全員で上を見上げて星空観察。

事前に調べたように、お湯は日本の温泉よりぬるめでししたが、長く入ってものぼせなく、お喋り、水泳、ヒーリング、美顔、気の整体するには、ほどよい湯加減でした。朝から夜までホテルスタッフの動きが見事でした。
参加された方達は様々な思いで参加されましたが、会ったのは偶然の必然。
車中の歌、つたないダ洒落に反応して頂きありがとうございます(笑)!

出会いと再会に感謝いたします。現地での交流、街並み、風景、風土、雲、雷、虹、雨、星、お日様等すべてに感謝です。美保子さん走行距離3700 キロ、私達2900 キロ、8 泊10 日の米国南西部大巡礼、スピリチュアルな旅、ありがとうございます。美保子さん、参加された皆様にあらためて御礼申し上げます。合掌
(S さん、東京都)

heart 美保子さん、サウスウエスト大巡礼の旅、最高に楽しかったです。
旅の最後に、「もっとこのメンバーで旅を続けたい」と思いました。毎日、ミラクルで、感動、感激、そしてみんなでたくさん笑いましたね。長距離を移動する車窓から見える景色…どこまでも続く平原、ずっと遠くに見える地平線、青くてとっても広い空、山、川…飽きることなく眺めていると、ゆったりした気持ちになり、心がどんどん広がっていくような感覚がしました。

目に映る全てがワクワクで新鮮で、それでいてどこか懐かしく感じました。
また、連日ギャグの連発で、ほんの少しずつ皆のギャグのセンスが上がりましたね。(笑)
ホピでの不思議な出会い。屋根の上から見たカチナダンス、気がつくと身体がリズムを刻んでいました。遠い昔、私もどこかで踊っていたのかもしれません。

突然の大雨、そしてとても大きな美しいダブルレインボー、しっかり心に刻みました。今まで見たことがない満天の星空、流れ星を見ながらの楽しい時間を過ごし…宇宙の中のひとつの美しい星、地球に住んでいることを再認識しました。いくつかの遺跡を巡り、遠い昔の人々の自然の中での暮らしに思いを馳せ、厳しい自然の中をどのように生き抜いてきたのかを想像しました。

今回の旅を通して、これからの人生で、 まだまだ自分のやるべきことはあるはずなので、「まず、できることから行動したい」との思いを新たにしました。魂に響く旅でした。出会いに感謝します。本当にありがとうございました。
(M さん、東京都)

 

heart  暮れにトウリーディング・ジョイショップに参加したばかりでしたが、新年より自分の中のいろいろな変容を経験しつつ、この旅を心待ちにしていました。そして起こった人生の大転機の真っただ中にこの旅に出かけました。

アリゾナは相変わらずパワフルで、ニューメキシコはいつもやさしいエネルギーで迎えてくれます。ずっと一人旅が好きでしたが、人と一緒に旅をする楽しさ、心地よさを体験することができました。一緒に旅をした皆なのことが大好きでした! また同じメンバーで旅をしたいくらいです。この旅でまた自分の世界が広がったような気がします。そして溢れ続くわくわくな気持ちを大切にし、忙しい毎日を乗り切っていこうと思います。
ニューメキシコで見たあの虹は忘れません。感謝の気持ちでいっぱいの旅になりました。
美保子さんの旅はご飯がめっちゃ美味しい! 毎食が大満足でした。どうもありがとうございました!
(H さん、シカゴ)

 

heart 今回の旅を終えて、「自分のどこが一番変化したのだろう?」と考えてみた。
それは「タイミングが信じられるようになったこと」だと思う。
一見良く思える事も、一見悪く思える事も、絶妙のタイミングでやってくる。
それについては頭ではわかっていた知識のはずだった。
でも今回の旅では体でわかった、まさに「腑に落ちた」という感じがする。

旅行中に何度も見せていただいた空や雲や雨や雷や虹や星の天体ショー。
何人もの素敵な人達に完璧なタイミングで出会うことができた。
他の方が書いているようにそれを「ミラクル」というのだろう

旅の途中では「ミステイク」に思える事も起こった。
例えば、道を間違えコロラドに向かって2時間ばかり余分にドライブしてしまったこと。
でも赤い荒野のアリゾナやニューメキシコ(それらも素晴らしく魅力的だけど!)を見慣れた私には、コロラドの緑の農村風景は新鮮な喜びだった。
しかもその後のスケジュールにも大した支障はなかったのだ。

起こることすべてに価値やら意味やら見出す必要もないし、すべての意味がすぐにわかるはずもない。
でも、「起こることはベストのタイミングで起こる」ということを信じられれば、心が軽くなる。
それは、「見えないけれど確かに存在する大いなるもの」を信じ、
「タイミングに無条件に感謝できる」ということ。
「タイミングを信じる」=「自分を信じる」ということになるのかもしれない。

今回の旅で起きた最高のタイミングは、「集まった旅のメンバー」。
美保子さんはじめ、お会いした旅の仲間との出会いが、最高にミラクルだったと思っている。
今でも思い出すと、心がホッと温かくなる。

美保子さん、旅の仲間のみなさん、お会いできて、一緒に旅ができて本当によかった。
楽しかった、嬉しかった、面白かった、笑った、愛がいっぱいだった…!
皆様、心からありがとうございました。
(R さん、岐阜県)

 

~ 2013年、アリゾナ、ペイソン水晶堀りツアー ご参加の皆様から~

heart 美保子さん、素敵なツアーをありがとうございました。
私にとってこのツアーでの出来事は、とてもとても意味深い内容でした。
たくさんのgiftを美保子さんをはじめ、ジェイミー、ライアン、ライアンのお姉さんやお友達、私を旅に案内してくれた大好きなMちゃん、今回一緒にツアーに参加した皆様、そして、大好きなペイソンの森・レムリア、地球の素晴らしさ、宇宙から繋がるエネルギーと…、たくさんのgift を頂き、石ちゃんとの出会いや繋がりに、幸せと喜びと感謝の気持ちがHeartから溢れてくる、込み上げてくる時間となりました。

たくさんの石ちゃんや自然と出会い、体験をし、美保子さんやライアン、ジェイミーのあたたかい愛にふれて、毎日が幸せな時間。ペイソンの森に入った瞬間から、なにか込み上げてくれ思い…。
ペイソンの森ではキラキラと光輝くダイヤモンドの大地や、森の木々、風、音、匂い、海であったという化石、マーメイドを思い出したり、レムリアから続くエネルギーに幸せと喜びを感じ、happy&joy、smile、魂がブワァ?・ブルブル?とHeartから溢れてくる涙がとまらず、今というこの瞬間に存在し、共存していることに感謝の気持ちで一杯になりました。

今というこの時代に、この星、地球で、また出会えた喜びと感謝。地球の素晴らしさ。皆様の素敵な真心。
旅・ツアーをとおして、深い繋がりに気付き、目覚め、素晴らしいgiftに幸せで感謝です。

美保子さん、ライアン、ジェイミー、Mちゃん、ツアーの皆様、ありがとうございました。
love〓 love〓 love〓

最後に…。
日本に帰ると沖縄は台風の前後でしたが、帰国した日のみ、飛行機は無事に運航し、前日と、翌日は飛行機が欠航になりました。
ツアーに参加し、素晴らしいgiftを頂き、無事に帰国できたことも含め、たくさんのサポートの方々を感じ、心から感謝の気持ちで一杯です。
素晴らしいツアーに参加できたこと、美保子さんに出逢えたことを嬉しく思います。本当に本当にありがとうございました。
今のタイミングで美保子さんに出逢い、ペイソンの森に入らさせていただけたことに、深い思いと感謝です。
素晴らしいサポートに感謝…。

そして、ペイソンの森・レムリアと繋がり、思い出していく…。
愛こそがすべて…。 mother love…〓。
美保子さん、ありがとうございました。
(S さん、沖縄県)

heart 待ちに待った石堀りツアー!この旅は、想像以上にたくさんのギフトを私の人生に与えてくれました。
まずはジェイミーの石キチぶりに大感動!洞窟をロープで降りていく経験には、本当に興奮しました。その中で、野生のねずみさん?ウサギさん?が身を守るために張ったバリケードに、まんまとハマった私(笑)
何だろうこれ、と手をのばすと彼らの集めたサボテンの山☆ 少し触れただけでそれはぐっさりと指の皮を突き破ってきて、抜こうとひっぱっても抜けない!(><@) いやぁ、なかなか出来ない経験でした(笑)

ここで採った石は、今闘病生活をしている大切な友人のもとへ行きました(^ー^)ツアー参加を決めたときから、友人への石を必ず採ってくると決めて宣言していたのです。
「あなたの好きな色のブルーグリーンの石を採ってきて、プレゼントするからね」って。
それが初日に叶ったのです!すごく喜んでくれて、私もとても嬉しかったです!

ジェイミーの家は本当に石だらけでしかも可愛くて、そしてジェイミーの、石や人や自然界への愛がいっぱいに感じられました。食事の一つ一つも楽しくて、石話も毎日楽しくて!!最高!!(^ー^)

そして夢のペイソンレムリアンダイアモンド掘りの日々!本当に、幸せな時間と空間でした。いま思い出しても涙が出そう。
初めてとは思えない場所。懐かしい木々たちの声。ここに来たくて、あのとき美保子さんにコンタクトを取ったのです。やっと叶った!

石はもちろん、でも、この森まるごとと再会する事を私の魂は求めていました。
美保子さんから送っていただいたレムリアンダイアモンドを最初に手にした時に確信した想い。全てがここで繋がりました。
私は実際に会いに行く!とそのとき思いました。この石の眠る地へ行くと。そしてそれがやっと叶ったのです!

石堀りの後半に、k ちゃん、美保子さんと私…いつの間にか上へ上へと、自然に、レムリアのエネルギーの残るポイント(に私は感じられました)に引き寄せられていた時間がありましたね。
あの地でのビジョンはあまりに鮮烈で、身体が震える程に感動しました。すべて言葉にするのは難しいですが、レムリアはハッキリと光のメッセージをくれました。そして始終、レムリアのその愛を風に乗せて、優しく優しく包み込んでくれました。

そして、ライアンへの感謝。
石を心から愛していて、自然と一緒に暮らすライアンの真っ直ぐな生き方は、本当に美しかった。

そして、ライアンを迎えに来たその一瞬しかお会いしなかったのですが、ライアンのお姉さんとそのご友人の方。一目見て魂の繋がりを互いに感じ、再会の感動に、溢れる涙を止められませんでした。言葉はわからないけれど、お互いに魂で伝わってるね、理解してるねって、ハートに触れながら完璧に伝え合えました。
それはもう素晴らしい体験で、帰り道もずっと満たされ過ぎる程に全てが満たされていて、私とkちゃんは泣きながら笑顔でいました。(怪しい・笑) 包まれていたエネルギーはずっと「祝福」。

大きなギフトをいただいたこの旅。出会った石たちと今後も繋がり、この素晴らしいギフトを一時のものでなく、ずっと前進していける何かに繋げていきたいなと思います。美保子さん、ジェイミー、ライアン、旅の仲間達みんな、本当に本当にありがとうございました!皆さんと過ごした時間は宝物です。
(M さん、沖縄県)

heart 本当にすべてがミラクルという感じでしょうか。
今回のツアーは過去に3 回参加した人間にとっては、さらに充実した企画であったと考えます。
自分の望んだ採集ができ、しかもちゃんと一流品をゲットできた点ではそれぞれの案内人の誠実さと経験の豊富さによるものと考えます。短時間の採集ツアーの場合、やはりいろんなところへ行きたい、ということが一番の希望であり、効率的な採集ができること、そして安全だと思います。
そして、参加者が増えれば、希望も増え、二兎追うもののような結果になりかねません。その点、わがままを言わせてもらえたり、無理を聞いてもらえたことも本当に感謝しておりますし、参加者に恵まれていたということだと思います。

鉱物採集は人間の性でしょうか?良い標本をゲットすれば、次はさらによいものをと追い続けます。(ライアンの採集したような水晶がまた欲しくなりますし、もっと大きな金のナゲットが見つけたくなります)
次回のツアーがどんな形になるか、ワクワクしながら期待しています。来年も忙しいと思いますけどね。
美保子さんもこれからも忙しいと思いますが、体調に気をつけて、お過ごしください。
(M さん、長野県)

 

~ 2013年、ツーソン・ジェムショーツアー ご参加の皆様から~

 

heart ツーソンツアー」では大変お世話になりました。今回ツーソンショーにひとりで行くことになり、現地でのコーディネーターをネットで探していたところ、たまたまヒットしたのが美保子さんのサイトでした。あまり考えずにすぐにお願いしたのですが、大正解でした^^美保子さんがオススメの場所を案内してくれておかげで、たくさんの石と出会えることができて本当にラッキーでした!

実は今回の美保子さんのツアーでは、石との出会いの他にたくさんの学びがありました。
ただショーを回るだけでなく、そこに集まった人たちとの交流の中で自分の性格や今後の課題がよく見えてきたことは大収穫でした。まさにこれこそがツアーの醍醐味なのだと感じました。大感謝です!

またショーだけでなく、空港までのタクシーの手配や、ホテルのトイレの調子が悪くなったとき、夜遅くにも関わらず親身になって電話でやりとりしていただき、本当に助かりました。ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします!
(S さん、愛知県)

heart こんばんは。U です。ツーソンでは大変お世話になり、本当にありがとうございました。私にとっては全てが初体験で、まさに夢のような数日間でした。今回たくさんのクリスタルに接することで、石たちのすばらしさを再認識することができ、また、ずっとお会いしたかった美保子さんにもお会いすることができ、お話もできて感激でした!
アンダラも大切にします。小さいけどやはりとてもパワフルですね!
早く仲良くなれるよう、手元にやってきてからずっと私の傍らにいてもらっています。皆さんとの最終日のレストランでの写真を添付いたしました。写真を見ると楽しかったひとときが思い出されます。またよろしくお願いいたします。
(U さん、東京都)
heart   今年で2 回めのツアーに参加させていただきました。石が大好きな方達と、ツーソンジェムショーを満喫する事ができました。美保子さんの長年の経験で、質の良い石屋さんも教えていただけるので、3 日とは思えぬ内容の濃さでした。

ミラクルな出逢いもあったり、和食のリクエストも聞いていただけるのも、美保子さんならではのツアーですね!
車の中で食べた美保子さんの野菜ディップのサービスもわすれられない思い出です。
体調管理をして頂いたり、ツーソンの山を眺めながら、子どものような気分に浸れたひと時でした。
購入した石も日本に届き、まだ、興奮冷めやらぬ日々・・・・・・・沢山のレアストーンを見ながらうっとりしております。また、ご一緒できる時を楽しみに!心を込めて感謝申し上げます。美保子さん!ありがとう!アイラブユー!
(K さん、東京都)

 

~ 2012年、砂漠のサファリ 、アリゾナ石堀りツアーご参加の皆様から~

 

heart  美保子さん、いやはや、忘れ難い旅をありがとうございました。
あれからずっと、私の心の中には、目に焼き付けてきたアリゾナの広大な砂漠の景観が広がっています。
今も目を閉じると赤茶色の大地が眼前に迫っては、もうもうたる砂煙と共に後ろに流れ、クアッドに乗ってそこを駆け抜けている自分をありありと体感できます。
よみがえる一瞬一瞬に光がさしている感じ。
出会えた方々、起こった出来事、縁のあった石たち。どの瞬間を思い出しても心は感謝に満ちます。

フェニックスでの体験のすべてが光のパケットに凝縮して私の中にポンと収まっています。
本当に特別な時間になりました。今も細胞のすみずみにまで光が届いてわたしをリフレッシュし続けてくれています。
美保子さんを思い出しながら、たどたどしくメールを打つのも幸せな時間です。なにもかもに感謝でございます。

ベースキャンプの設営のしょっぱなに、立ち往生した四駆トラックの車体の下から、その原因だったおおきな岩をM 先生とふたりで、あの手この手でなんとか取り出した時の、皆の顔の輝きを一生忘れません。ゲスト2 人のために地元の石キチ6 人が大量のキャンプ資材とクアッド2 台を運搬してくれたのですが、一人ひとりとハイタッチしたとき、目がきらきらしていて、その途端、わたしも彼らの一員になれたことを確信しました。

「手間取ってごめんなさい」と言う美保子さんに、「何事も計画どおり」と独り言のようにおっしゃったM 先生は素晴らしい。
そのあとの2 泊のキャンプの間中、ジェイミーとジムから伝わってきたのは、言葉を越えた愛でした。皆様から頂いた、たくさんの思いやりを私の中に溶かして、それをこれから出会う様々な機会に、私も発揮していきますね。

別れ際にマリーンが「楽しい時間はなんて早く過ぎちゃうの」と私を抱きしめてくれて胸がいっぱいになりました。まさに ‘過ぎゆく時もまた旅人なり‘ ですね。

美保子さんの「砂漠を走破」の一言に旅情をかきたてられて参加したツアーでしたが、直観はなんと素敵な体験をもたらしてくれたことでしょう。俄然今後もこれでいきます!
(Y さん、神奈川県)

heart 本当にミラクルな体験でした。砂漠を走るクワッド、そして誰もいないところでのキャンプ、熱い灼熱の場所での採集と想定外のできごとばかりでした。しかし、それをなんのトラブルもなく、過ごす事ができたのは美保子さんをはじめ、ジェイミーさんやママさんなどの地元の協力なしにはできなかったツアーであると実感しました。人との絆でできあがった素敵なツアーでした。安全性ということでは言う事はなく、もちろんホテルのような快適さはないわけですが、ミラクルな体験をできたことに本当に感謝しています。困難を如何に乗り越えるかという、人間性すら試される経験だったと思います。そして、やはり人間は水がないとだめということもよく理解できました。冷たい水の飲める幸せを実感しました。

今回のツアーの目的に銅鉱物の採集、金の採集をあげていました。その点ではアゲートは目的とされる採集鉱物ではありませんでした。しかし、採集してみるとその多様性や割ってみた時の感動はすごいものがありました。日本でみられるアゲートは縞や球状であることが普通だと思っていましたが、あのように沢山あると多種多様であると感心させられました。ただ、それを加工したときのイメージがありませんから、どれを持って帰るのかに悩んだということが事実です。今後、切断などの処理ができれば、新たな楽しみもでてくるのかもしれません。これもまた楽しみです。送ってもらう予定の中にシャタタイトなどが入っているはずですので、それを探すのが楽しみです。
砂金についてはキャンプしていた川でジムさんが一回のパンニングでゲットしていました。それに気がついたのはまさに後の祭りでしたね。次回はちゃんとパンニング皿持参で行くつもりです。
(M さん、長野県)

 

~ 2012年ホピ、セドナツアー、ご参加の皆様から~

 

heart  今回のセドナ、ホピランドへの旅の企画、誠に有難うございました。
美保子さんの現地でのナビゲートや各地でのご説明、それに伴う会話の全てが楽しかった!の一言に尽き、今もその余韻に浸っています。有意義な時間を設けていただけましたこと、心から感謝いたします。

まずはフェニックス空港からセドナへ移動の休憩所「サンセットヴューポイント」でのその雄大な景色に圧倒されました。「これがアリゾナかぁー」という感じです。今まで訪れたアメリカとは全く別の光景が映し出されており、さっそく興奮に包まれました。

さらにセドナへ移動する間の激しい驟雨の後、二重の虹と龍の形象の雲が現れたのにはびっくりです。さすがに、これから何が起こるのだろう? と思わざるを得ません。
セドナの街に入ると、すさまじいまでのエネルギーに体が反応し出し、セドナが評判通り、いやそれ以上にエネルギーに満ち溢れた場所であることが実感できました。

セドナ滞在間のエアポートメサ上のホテルは展望台の目と鼻の先にあったことから、結局、三泊の宿泊間は毎朝この展望台からのサンダーマウンテンとその周囲の雄大な景色に見入っていました。ずっと見ていても飽きることはなく、今も脳裏に焼きつき忘れることができません。
星空は残念ながら初日しか見ることができませんでしたが、それでも天の川までもくっきり見ることができたことは感激です。日本では山の上に宿泊でもしなければなかなか目にできませんものね。

セドナを訪れる際の最も贅沢な時間の過ごし方は、興味本位でパワースポット、ボルテックスを回るのでなく、まだ原初のまま残されている雄大な自然と一体化する、もしくは人と自然とのつながりについて再考を試みることだという気がいたします。
そう考えるのも、美保子さんのご提案で訪れたエアポートメサの小山の頂上、ベルロック上からの景色が言葉で表現できないくらい感動的であったことが一つの理由です。その景色は、展望台からのサンダーマウンテンとその周囲の景色とはまた異なるセドナの表情を余すことなく堪能させてくれました。この感動はその場に立ってみないと決して味わえないものと断言できます。

次の目的地であるホピランドもセドナと同様に感動的でした。
第二メサの宿泊地に到着すると、またしても二重の虹が出現です!
その翌日は急きょシパウロヴィ村を訪れ、カチナダンスを見学させていただいたのですが、このシパウロヴィ村から見える周囲は見渡す限り地平線です。古来ホピの方々が、自分達の住んでいる場所を「Center of the Universe」と呼んだのが良くわかります。
(でもやっぱり住むのは大変だろうなぁと思います)
その次に訪れたホテヴィラ村では、シパウロヴィ村でのカチナダンスとは少し異なる、女性も加わったカチナダンスを見学することができました。カチナは300種類以上あるとのことで、それぞれが精霊であったり、ホピの方々の宇宙観が込められていたりしているようでした。そのことを思いつつカチナダンスを見学していると、奥が深いんだなぁと思いましたが、その一方で、炎天下のダンスは辛いだろうな、などと現実的なことも考えたりしていました。

そうこうしている内に、マーチン長老にご挨拶、古くからのホテヴィラ村の泉の見学、そして美保子さんのスパイダーウーマンとしてのお姉さんの家をご訪問、ご挨拶させていただくなど、決して予定されていなかったことが矢継ぎ早に起こり出し、正直あっけにとられました。
一連の出来事は美保子さんのナビゲートでしか起こり得ないことなのですが、こういうのを奇跡というのでしょうか!? とても得難い経験をさせていただきました。

最終日に訪れたパラキ遺跡も私にとってはセドナの著名なポイント、ホピランドとはまた別の意味で興味が尽きない場所です。そそり立つ岩々(Red Cliffs)の雄大さが間近で感じられる場所なのですが、それに加えこの地にシナワの方々がかつて住んでおられ、そしてシナワの方々の先にはホピの方々の先祖と言われるアナサジの方々に繋がることを考えますと、もうそれだけで感無量です!
特に洞窟の光の反射の波紋、不思議でしたねー。ここでシナワの方々が儀式(セレモニー)を執り行っていたのでは? と考えるだけでドキドキして意識がその時代にトリップしてしまいそうです。

ところで、ここまでの旅の感想を書いているうちに思い出したのが、ホテヴィラ村からセドナへの帰路に昼食をとったキョコツモヴィ村です。私は昼食をパスして、村の中を時間いっぱい歩き回らせていただいたのですが、知らない土地に行くと歩きまわる癖がある私にとって、そうそう来ることができないこの村の中を散策できたことはとても楽しい思い出になりました。ただ、ある家の前で離し飼いされている犬に追いかけられたのには参りました。キョコツモヴィ村を歩き回る際には気をつけましょう(笑)。

最後になりますが、旅の間の細やかなお心遣い、本当に有難うございました。おかげでとても楽しい旅となりました。ぜひまたお会いして、セドナ、ホピランドのお話をさせていただきたいですね。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
(S さん、東京都)

 

heart  美保子さん、ホピランドツアーではお世話になり、ありがとうございました。フェニックス空港で美保子さんと旅のお仲間にお会いしてから、ずっとワクワクと驚きの連続でした。連日の美しい虹には大感激でした。

セドナでは、サンダーマウンテンやたくさんの岩山の景色に圧倒されました。
ベルロックの登山は、登山道を見つけながら冒険をしているようで、とっても楽しくてワクワクしました。
頂上までは登れませんでしたが、登れるところまで行き、平らな岩の上で、遠くを見渡すと、まるで天空にいるようでとっても素敵な時間を過ごすことができました。
ホピランドへ向かうと、車の左右はどこまでも続く平原になりました。なぜかとっても懐かしくて、優しい大地に包まれるようで涙がにじみました。ホピの村ではカチナダンスを見ることができました。今でもダンスのリズムが身体に刻まれています。
長老様にお会いできて、優しい言葉をかけていただき感激しました。長老様のご親戚の方に泉に案内していただきました。水が湧き出ていたので驚きました。大地からのめぐみを有難く分けていただきました。冷たくておいしい水でした。
セドナ、ホピランド、どちらも美保子さんだからこその場所へとご案内していただきました。
たいへん貴重で感動の連続の旅となりました。
美保子さんがスパイダーウーマンだということが、私なりに少しだけわかりました。
人と人を大地と人を繋いでいただき、ありがとうございました。心より感謝いたします。
(M さん、東京都)

heart ホピツアーではお世話になり、ありがとうございました。期待以上の素敵な場所案内、想像以上の名ガイドぶりに感謝いたします。皆の希望も勘案し、時間配分、行き先も臨機応変のご案内、ありがとうございます。

ホピは2 箇所の村での踊りも見ることが出来、幸いでした。
買出しや、また食事も各国料理バラエティーに富んでとても楽しかったです。

ホピ村では、美保子さん20 年来のホピの人々との交流の上でこその、お宅訪問は貴重な経験でした。
セドナでは、余り人の行かないボルテックスや、ベルロック登山等、楽しい体験でした。
虹も何度も見ることが出来たりと、珍しい自然現象にいくつも遭遇し、素晴らしい旅でした。本当に貴重なツアーを企画して頂きまして、ありがとうございました。早朝便に合わせた、早朝のお見送り等、暖かなおもてなしにお礼申し上げます。
(S さん、東京都)
  

heart  ホピランドツアーでは大変お世話になり、有難うございました。美保子さんと、またご一緒させて頂けました皆様のおかげで、本当に不思議(!)で、楽しい特別な旅でした。

今から思えば、最初から恵まれた旅でした。満席の飛行機でも座席位置に恵まれ、また、到着ターミナルを間違えてお伝えしてしまい、ハラハラして空港に到着しましたが、美保子さんとすぐにお会いできてホッとしました。(一目で美保子さんとわかりました!)

セドナはエネルギースポットとは聞いていたもののよく知りませんでしたが、夕日を受けた赤い岩肌を目にすると、その光景だけでも圧倒されます!やはりすごい!このツアーで、セドナとホピランドという全く違う雰囲気の土地を両方堪能させて頂けたことはとてもよかったです。全く違うから感じられる、自分の感覚をはっきりと感じながら、また、途中で現れる様々な美しい虹や、滝のような雨、竜のような雲、そのどれもがきれいで、大きな存在を感じずにはいられなかったです。

2 日目はいよいよホピランド!2つの村でカチナダンスを鑑賞し、その先々での偶然!貴重な村の泉の水まで頂けて、ホピの方々とお話して、あの懐かしく、安堵感のような気持ちは本当に不思議です。Center of the universe(!)本当だと思いました。それから、ホピランドでみた朝日!朝が苦手な私でも、ここの地の朝日は大きく、窓から見える朝日に起こされました。(また寝ましたが・・笑)大きくて優しい、特別な朝日でした。

セドナに戻ってのボルテックスツアーでは、同じセドナという町にありながら、場所ごとに全く違う表情をもつのに驚きました。川の水に足を浸したり、また、前日の大雨のおかげで遊べた洞窟での石遊び、楽しかったです!

そんな旅を満喫する間、美保子さんに連れて行って頂くレストランやお店も最高でした!!旅から戻ってすでに一週間たちますが、旅の間の感覚はまだまだ感じています。そんな経験をさせてくれたセドナの地にも、ホピランドにも感謝です。こんな素敵な旅に連れて行って下さった美保子さん、また旅をご一緒させて頂いた皆様に心から感謝しています。また、いつかアリゾナの地に行けたらと思っています。本当に素敵な旅をありがとうございました。
(T さん、神奈川県)

 

~ 2012年、ツーソンジェムショー買い付けツアー、ご参加の皆様から~

heart 日本は紫陽花のますますパ美しい季節となりました。アリゾナはもう暑いのでしょうか?
2 月にお世話になりまして、お蔭様でお店は3 月にオープンしました。会社の引越などもあり、やっと落ち着いたところです。来年のジェムショー買い付けツアーにも行けることになりました。また是非、美保子さんのご案内をお願いいたします。今回は美保子さんのアテンドがお願いできて、本当に良かったといまなお、姉と話すばかりです。日本での石の先生にもセレクションを大変ほめられ、ツーソンで良い石と出会うのは本当に大変なことなんですよ、と先生に言われました。
来年もぜひよろしくお願いいたします~!
(K さん、東京都)さん

  

~ 2010年、石キチ、ペイソン水晶堀りツアー、ご参加の皆様から

.

heart  今回のペイソン、石キチツアーは最高でした。雨が降ったことなどラッキーな点もあり、楽に効率的な採集ができたこともあります。初日の落ち穂拾い方式、2日目の掘りを中心とした採集、そして川での採集と、有効に過ごせたと思います。私は来年は、自前のスコップとハンマーを持っていくつもりです。(ということで一応予約ですかね)
今回は本当に皆さん素敵な人たちで、一糸乱れない行動であり、楽しく過ごすことができました。夕食も、美保子さんが決めて頂き、美味しく安心して食べることができました。すべてに、配慮が行き届いたツアーであったと思います。特に、お昼のおにぎりは最高でした。来年は日本からおかずを買いつけて、もっと素敵なお昼になるようにと考えています。まー、おにぎりの用意をして頂く、美保子さんたちには迷惑な話かもしれませんけどね。
最終日のセドナの観光は素敵だったと思います。化石の森公園にも行きたいと思いますが、ゆっくりと観光と石のお店で過ごすのもいいと思います。
来年もぜひ参加できるように体調を整えたいと思います。もちろん、新しい採集場所などの候補がありましたら、企画して頂ければと思います。
本当に今回はありがとうございました。そして、貴重な体験をさせて頂いたことをこれからの、仕事にも生かしていきたいと思っています。それが、やはり私の使命だろうと思っています。(神様みたいなものも信じていますけどね)
また、お会いできる日を楽しみにしています。美保子さんも素敵に生きていてください。
(M さん、長野県)

.

~ 2010年、ホピランド、セドナの旅、ご参加の皆様から~

 

heart  美保子さん、お元気ですか?この度は本当に感動とサプライズ続きの、楽しく奇跡に近い体験だらけの旅を経験させていただき、本当にありがとうございました。関西からは一人の参加でしたが、成田ですでに他の方々ともうち解け、和やかに出発することが出来ました。少し不安だった乗り継ぎも、ワイワイ言いながらすます事が出来、フェニックスに到着後は「45度」を覚悟していたのに、どしゃ降りに近い雨と雷の歓迎を受け、まさに浄化の旅の始まり・・・・という感じでした。

車の中で夕食の事を尋ねたとき「サプライズなんだけどね・・・」と美保子さんが教えてくれたルーズべさん・・
旅の目的の一つは神戸の友だちのお店で見たルーズべさんの化粧品を買うことだったのですが,まさか夕食をルーズべさんの家で食べることになるとは!!ルーズべさんの手料理は,機内食で疲れた胃に程良くて,むかむかが消え、とてもおいしくて身体に優しい,愛を感じるお料理でした。みんなで輪になって和やかに食べたことがさらに,その場の雰囲気を柔らかく楽しいものにしていたようです。

ライアンの奇跡の話は、中身の凄さとライアンの人柄が重なり、本当に驚きと同時に,それまでの価値観ががらりと変わるほど愛にあふれたものでした。ライアンの純粋さに脱帽です!
ライアンの持ってきてくれたぺイソン水晶で思い思いに瞑想をしたり、おでこやいろいろなところに乗せてパワーを感じてみたり・・・誰に何を言われるのでもなく、それぞれが自由に楽しむ姿は、とても初めて出会った人どうしの様子には見えませんでした。それほどリラックスしていて、何か不思議な一体感のようなものが感じられました。

私も何となく見よう見まねで瞑想をしてみました。みんなから「気が出てる!!」と言われ、美保子さんからも「きれいねえ」と言ってもらい、嬉しい様な、でも自分では見られないので本当かしら??? というかんじでした。
ルーズべさんのエネルギーワーク?? もすごかった!!
みんなにしてくれて、なんだか申し訳なかったけど、与えるということ、受け取るということの大切さを教えていただきました。

そんな1日目が終わり、翌日はカセドラルロックを眺めながら、オーククリークの川の流れに足をつけ、持参した普段お世話になっている石さん達を流れに浸し
、穏やかで気持ちのいい半日を過ごしました。もう少しいたいなあ・・・みんなが感じていたと思います。それほど気持ちのいい水の感触でした。水のパワーがすーっと流れてきました。

チェックアウトをしていよいよ、午後からはホピ村へ・・・夕食の買い出しをみんなでスーパーでして、その夜はさゆりさんのお手製のサラダやフルーツのケーキ盛りでホテルでみんなでささやかなパーティ!!(さゆりさんにも感謝です。)
そこで初めての自己紹介。参加者8 人の中で鍼灸師の方がなんと3 人というのも珍しい!!
お互いの名前もしりとりしているようにつながっているのも・・??? 何とも不思議なグループでした。
「きっと前世でホピの仲間だったんだね!!」「お姉さんだったと思う」「私の子どもだったと思うわ」と言うことでお互いに納得するところもなんだかおかしい・・・・その夜は食後、ジャグジーで☆を見ながらのんびり・・・(途中、宇宙人が1人上から降ってきましたが!) いい日でした。

ホピ村へは果てしなく広がる大空と、草原に圧倒されながら、普段では出来ない経験も交え(これは内緒です)ホピの人が地球の中心に自分たちがいると言うのがよくわかるなあ・・と実感しながら到着しました。村の人たちの素朴さや、質素な中に流れる懐かしい温かさ・・煮豆の匂いになんだかほっとし、カチナダンスも十分に楽しむことが出来、それだけでも満足だったのに、長老にお会いすることも出来、その大きな存在に、なんだか涙が出そうな感じでした。温かくみんなを気遣い、食事を勧めてくださる姿は人類みんなの偉大なおじいちゃんという感じで、その懐にみんなが入ってくるまれたいと思うだろうなぁ・・・・そんなことを感じながらじっとお話を聞かせていただきました。

さてその翌日は私に取ってとても意味のある日となりました。ノボさんの数秘術のセッションを受け、いろいろ気づかせていただき、自分の中にある怒りをボールに入れて燃やし、自分の新たな決意を表明する儀式??をすることにしたのです。
今までにも書いて燃やしたらいいよ・・と言うのは聞いていましたが、自分の中にそんなに怒りが有るとも意識していなかったので、今回改めて言われ自分に向き合う時間を作ることが出来たのは、何か大きな変化のきっかけになりました。

折しも満月の夜。美保子さんや妖精K ちゃん、☆の子M さんに見守られてこの儀式をカセドラルロックの岩の上で行うことが出来たこと・・・奇跡のような事だと思います。あらたに生まれ変わった私を、月も星もセドナの人々も祝福してくださいました・・・

この日のために今回私はセドナにきたのかなあ・・と思います。

満月の瞑想は、不思議な☆を見つけたり、月も沢山の表情を見せてくれ、いなびかりやカミナリの音がしたのに雨は降らず・・・と時間を忘れていつまでもその場にいたい・・・というみんなの思いと宇宙とが一体化した素敵な夜でした。
誰と言うことなく歌をうたいだしたこと・・その中で私たちみんなで「ツバサをください」を歌ったこと・・・
絶対忘れることのない☆のようなキラキラした思い出を作ることが出来ました。

最終日はホーリークロスチャペルに立ち寄り、そしてフェニックスへ・・・
そこでも空一面の大きな虹と雲の隙間から流れ出る太陽の光に、最後の最後まで浄化と祝福・・宇宙からの大きな大きな愛を感じることが出来ました。

そして、最後の夜フェニックスのホテルの部屋で、ずっと同室だったMさんとの話が盛り上がりなかなか寝付かれずにいた時のことでした。
ふっと1 日目のことを思いだし、ライアンからいただいたぺイソン水晶を握りながら瞑想をしてみたときのこと・・・・

石のエネルギーがどんどん伝わってくるのを感じていたら、しだいに映画のようにいろいろの画像が見えてきたのです。沢山の人が忙しそうに行き交う姿・・それはどんどん姿を変えていき、何かわたしの前世を見せてくれているような感じ??でしたが、そのうち大きなテーブルに沢山の石のアクセサリーが置かれている場面へ・・・なんだかとても大きく楕円形のようなテーブルでみたことのない感じでした。

そのうち岩や石ころだらけの道から山の中の小川の景色へと変わり小川の側の山の側面から次第に上方に向かっていくと、そこがロイヤルブルーに・・・そのなかに金色や白色の光の大きな輪ができ、天使や女神の姿が次々と浮かんできたのです。とても綺麗ですてきで・・・次第に又どんどん上に上がっていく感じで、そのまま満天の星空へと移っていきました。
綺麗やなぁとみていると、夜空色の雲が浮かんでは消え、どんどん上昇している感じだったのが突然、中心に白い大きな長方形のものが浮かび、次第にそれが大きな水晶のポイントに姿を変えキラキラと光りだしたのです。

空に浮かんだそれは、とても綺麗でオーロラのように輝いていたのですがその中から神さま?が姿を現し、どんどん私の方に近づいてきたのです。もう私はその前から暑くて仕方なかったのですが、神さまが近づくにつれ、背中が汗びっしょりという感じになりました。神はわたしの頭上で止まりそのまま沢山の光で私を包んでくださり、私はオーロラの光に包まれながら、ありがたくて、ありがたくて涙がにじんできて感謝の思いでイッパイになりました。
しばらくそのままでしたが、それから又夜空に戻り、雲が浮かんでは消えしながらやがて星空へ戻り、☆がいろいろの形に変わっていきました。

地上に戻った感じで眼も疲れたので瞑想を修了しましたが、さっきまでのあの汗びっしょりな感じがさっと消え、寒いくらいになりました。大きく深呼吸をしながら、しばらく不思議な感覚に包まれていました。
神様が確かに守ってくださっている!! 今まで味わったことのない大きな安堵感と深い安らぎ・幸福感に満ちた感覚でした。

翌日、美保子さんと仲間のみんなに話を聞いてもらったのですが、テーブルのことを言うと、「それはレムリア神殿のテーブルよ」と美保子さんに教えられ、びっくり!!昨夜、私は瞑想しながらレムリア神殿に行っていたのです。
カセドラルロックにはレムリア神殿が眠っているというのを聞いていましたが、そこで瞑想をした翌日、レムリアからの祝福を受けることが出来たのかなあ・・と改めて今回の旅の奇跡にびっくりしました。

今回で3 回目のセドナですが、1 回目・2 回目は意識の浄化をしに行った旅・・・3 回目の今回は、魂の浄化をするためにきた旅のように思います。

この旅で知り合った仲間のみなさんはあきらかにソウルメイトだと思います。
美保子さんは私にとって偉大なこれからの人生の旅のナビゲーター!!! きっとこれからもこの縁がつづくことと思います。満月に誓った決意を心に刻み、ネガティブになりそうなときは神の守護を信じ全てをゆだねポジティブパワーを周りの人に分け与えられるようになります。これからもどうぞよろしくお願いします。そして本当に本当にありがとうございました。
(A さん、兵庫県)

heart 七月のセドナ、ホピランドのツアーに参加させて頂き、ありがとうございました。
旅行中の毎日が、感動、感謝、浄化、驚きのサプライズの連続で、多くの海外旅行に行きましたが、これほど魂が、震えるような旅は、ありませんでした。ほんとにミラクルの連続でした!
魂が震えるような毎日の連続で、一生分泣いた気がします。
フェニックスを離陸する時も、家に帰ってからも、涙、涙でした(笑)

本当は他社のセドナツアーに参加する予定でしたが、不思議な力に導かれ、こちらとのご縁が繋がり、ホピの神様とみほこさんに、セドナの大地とホピランドに呼んで頂いたのだと思います。この生涯忘れられない、ファンタッスティックな旅と、素敵な旅のメンバー、スターピープルに会えた事、ほんとに幸せな事だと思います。
私には、今が人生の分岐点に違いない・・・もしもそうなら、きっとセドナの神様が、私を呼んで下さる。そうしたら、一人で参加して、今回、この世に生まれた本当の目的、人生の学びが何であるのか?セドナの大地に立って、自分自身をみつめ、ヒーラーの方のセッションを受けて、新しく生まれかわってみたいと思っていました。
セドナに着いて、美保子さんにお会いした時、メンバー全員、まるーいオーラねー・・・ と言われた通り、旅はまるで、本当の仲良し家族旅行のようで、毎日楽しくて、このままずーと、旅を続けたくなりました。

初日、美保子さんが、初めからサプライズなんですよー・・・と、愛のオーラが溢れるような、ルーズべさんと、ライアンさんに会わせて頂きました。ウエルカムデイナーを用意して待っていてくださったのです。ルーズべさんにセッションをして頂いたとき、私が「体の中心が取れてない気がする」と言うと、
「当たり前です。魂が体から抜けて、向こう世界に行ってるから・・・」と言われ、セッション最初から、浄化が始っていた私は、ここからずーと旅の間泣きっぱなし、浄化の嵐でしたので、思考力が無くなっていた私は、そうなんだ・・・魂抜けてるのねーと思うだけでした。

ところが、ホピランドに行った時、カチーナダンスのダンサー達が、休憩中にメンバー全員が、間違いなく私は、前世ホピ族で、まったく違和感が無いと、お祭り用の女性ホピ族の、髪型のようにさせられ、おもちゃにされ?(笑)ホピを満喫していました。
予言の岩を拝見して、車に戻った時、頭をおもいっきり車にぶつけました。みんなが「大丈夫、すごい音がしたけど。」
「痛かったけど大丈夫みたい。多分しっかりしなさいと神様に叩かれたみたい」と言ったら、美保子さんが一言、「その通り!」

不思議な事に、こぶにもならなければ、触っても痛くない、そして何よりも、視界がブワァーと鮮明になった感じがしました。
きっとホピの神様が、私を呼んで下さり、魂を入れて下さったに違いない・と思いました。マジカルでした。
ダーリンのセッションを受けられる事も、楽しみの一つでした。やさしく軟らかい中にも、力強い感じのオーラのある妖精ママのようなダーリンのセッションは、私に、勇気と、希望と、愛を与えて下さいました。皆様も機会がありましたら、
ぜひ、妖精ママダーリンにお会いしてはいかがでしょう。私はダーリンのお庭で妖精を初めて見せて頂きましたよ!

旅の初めから、私の事をちゃん付けで呼びたくなると、ほとんど同じ年の美保子さん。毎日泣き続ける私をやさしく見守って下さり、K ちゃんと呼ばれるとなんだか、ほんわかいい気持ちになりました。本当にお世話になりました。
(K さん、東京都)

heart 美保子さん、 素晴らしいセドナ&ホピの企画をありがとうございます。
言葉に尽くせないほど楽しかったです! 心から感謝いたします。

1 年ほど前から、生活の傍ら、自分と向き合い、いらないものを浄化する日々を送っていましたが、今回はそのステップアップのためになるかな~?と思い参加しました。旅行のスケジュールが私にとって最善だったのも、「呼ばれている」ってことですよね?ちょっと前後にずれたスケジュールだったら参加できなかったのですから。当たり前のように降ってくるサプライズに気持ちよーく包まれながら、毎日楽しい時間を過ごせました。

到着の日の長い一日目の夜、ルーズベとその友人ライアンに出会えたこと。二人とも「愛」に満ち溢れた人。 「愛」なんて軽々しく言っちゃったけど、そうとしか表現しようがないですね。ルーズベのクレイコスメは最高です。 サイキックリーディングもとても愛にあふれ、心に響きました。ライアンの宇宙の力に助けられた奇跡の話は感動的。ペイソンダイヤモンド譲ってくれてありがとう。

ホピの砂漠の風景は忘れられません。初めて行ったホピの村なのに、日本の漁村のような雰囲気(母方の田舎を思い出しました)長老にようやく会えて良かったです。カチナ・ダンスは魅力的です。低音の謡いがやけに頭に残りました。
ずっと前の世で、私も円陣を組んで踊っていたような気がします。

ホピのホテルで、みんながジャグジーに行ってしまって、友人A さんと私と美保子さんと3 人で部屋に残った時、
「これからどうされるんですか~?」とやんわり美保子さんから聞かれたのが印象的でした。
これから??ジャグジーに行くか? 行かないか?ってこと?
ホピでのこと?セドナに戻ってから何がしたいかってこと?・・・?・・どうやら、日本に戻ってからのことのようでした。(深いです)やんわりとした雰囲気をまといながらも鋭いつっこみでした!
特に、私の長い春のおつきあいの彼とのことをつっこんでいただいて(苦笑)感謝いたします!
部屋に戻ったら、案の定、蜘蛛さんが居ましたよ。

セドナに戻って、ルーズベとライアンと再会し、奇しくも満月の夜!
真夜中のカセドラルロックのパーティに出かけたのもサプライズですね。
行きは曇っていて、懐中電灯が必要だったけど、帰りは月明かりだけでOKでした。たんまり月光浴しちゃいました!
遠くに怪しい光がきらめいて、やがて消えていきましたっけね。あれは何だったのでしょう?

ノボの数秘術では、自分では薄々知っていることをたくさん指摘され、背中を押された感じがします。もっともっとリスクを侵して、わくわくすることを体験しなければいけないそうです♪ そういたしましょう。

さて、帰国後会社の人や友人から「そのセドナのパワーってどうなの?感じた?」と聞かれるのですが、
いつもは海外旅行で、時差や移動の疲れでヘロヘロモードになるのに、普通~に元気で過ごせたのがパワーかな?と思いました。つまり、セドナパワーがすんなり体にあっていたという事かもしれませんね(笑)

この旅がどんな風にステップアップになったか?・・は、まだよくわかりません。そのうちじわじわわかってくるでしょう。

最後に、美保子さんをはじめ、さゆりさん、ソウルメイトらしい(笑)ツアーのメンバー、
セドナ&ホピの精霊、光の存在に感謝です!!
(I さん、東京都)

heart   セドナでは大変お世話になり、ありがとうございました。
オリジナルで素晴らしい旅でした!
セドナの地は独特のエネルギーで、日本では味わえない感覚でした。
満月のカセドラルロックでの瞑想は忘れられません。
月明かりだけで十分夜の山道を歩け、上に着くとさまざまな外国の
若者たちが集まり、太鼓たたいたり、歌を歌ったり、瞑想したり・・・
私たちも「つばさを下さい」を合唱し、参加できたことはうれしいことでした。
翌日のエアポートミサに登っての日の出も素晴らしかったです。
セドナ滞在中、泊まったコテッジそのものがボルテックスの上に建っているという環境も
私たちの素晴らしい旅の後押しをしてくれたような気がいたします。

ホピの村も普通では行かれない、その上,カチナダンスも見ることもでき、
長老ともお会いでき、しかもお宅でお昼ご飯までご馳走になり、貴重な体験でした。
参加したメンバーも素晴らし い方ばかりで、心に残る旅になりました。本当にお世話になりました。
(H さん、東京都)

heart セドナでは大変お世話になりました。ありがとうございました。この旅行をターニングポイントに新しい自分に切り替わった(生まれ変わった)と思います。たぶん、はじめから意識的か無意識的かそれを意図して旅に出たのだと思います。

旅の内容はあまりの情報の多さに消化しきれていませんが、
ほとんど右脳で受け取ったというかんじです。
昨年末、セドナもほとんど知らない私が、すごく行きたくてたまらなくなり、
するとこのツアーに出会い、導かれるままにすーっと進んできました。セドナに呼ばれてるんだと勝手に思っていました。
旅に出てからもあまりにマジカルなことが、当たり前のように、こともなく流れるままに起こるありさまに、帰ってきて改めて不思議な気持ちがしています。

特にルーズベに言われたインドや私がヒーラーだった話は、これから私の人生が大きく変わることを予期させてくれるマジカルな出会いでした。まだ不思議ですが(笑)セッションを申し込まなかった私は誰かが偶然見てくれないかしらと虫のいいことを日本で夢想していましたが、それも思えば実現していて本当にマジカルです(笑)
私はずっと子供のころから魂の目的にかなった生き方がしたいと思いつつ
それがわからず悶々としていて、このセドナの旅行を機会に、それがわかり、
そうした人生を生きることになるなとなんとなく思い、意図もしていました。

そして、シャスタで瞑想をしていると、私は地球と深くつながった感覚になったのです。
私は地球に前から深く愛されていて、その愛を受け取る許可を私がしたのでした。
それはとても至福にみちて、地球が自然や精霊たちを私の周りに呼んでくれ、
その深い愛を捧げてくれたのです。とてもほっとして涙がでました。
天に気持ちが向かいがちだった私が天とつながりながら地球とつながるその柱となるという決意や喜びに満ち、そして
それを喜んでくれる地球の喜びが伝わってきました。
私は地球と深くアンカリングするためにセドナに行ったんだなと思います。

学校の教師のヒーラーは、私が変わり安定感が出たと言いました。日本に帰ってから会ったヒーラーも、変わったと言いました。地球にアンカリングしたと。私は心持が変わったといえば、そんな感じです。
なにより財政的にもそうなのですが、ヒーラーとしての仕事を始めようかなと思っています。それを自分に許可したというか。ルーズベにリメンバーと何回も言われたように、自分でいろいろ思い出したいと思います。そして、豊かな美しい地球で人々が自分の希望の人生を生きる世の中を私は見たいを思います。ずっとそう思っていました。

美保子さん、本当にありがとうございました。また、美保子さんに会っていろいろお話したいなと思います。
まずは「宇宙心」「インド風まかせ」を買ったので、これから読むのが楽しみです。
ジョイショップも興味深々です。楽しくわくわくしながら進んで行きたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。それではまた!
(S さん、東京都)

 

 ~ 2010年、南インド、マハシバラトリの祝祭の旅、ご参加の皆様から~

.

heart 2 回目のインド旅行。前回のオールヴィルでインドに腰を抜かして泣いた私が、なぜか今回のインド旅行にためらいもなく「行きます!」と参加表明をしていた。なぜだろう??? それでも行く前はちょっとした修行僧の気分。この旅で何かを捨てるのか、何を獲得するのか。

 飛行機に4度乗り換え、タクシーで30 分、やっとアシュラムへ。私たちのドミトリーへ案内される。個室ではないので、何人来るか分からない雑魚寝。早速蚊帳を吊って自分たちの場所を確保。う~~ん、3日我慢すれば帰れる、頑張ろう。

早速アシュラムの施設をY ちゃんと探検。トイレ兼お風呂というか、水が貯まっていて、そこで身体を洗える場所、飲める水を汲める場所・・・。教え込まれた清潔という観念はここでは該当しない。汚れは取れればいい。食器が完全にキレイにならなくたって洗ってあるから大丈夫。
ドミトリーの外には手洗いされた色とりどりの洗濯物がはためいている、キレイ。そして優しく、懐かしい光景。ここでは悠久の時間が流れている。みんなゆっくり歩き、走る人はいない。ここへ来るほんの数日前に観た映画アバターの世界だ。

ここには時間の制限がない。暗くなって疲れたら眠る。明るくなり、鳥の声に起こされる。みんなが好きなことをして「生きて」いる。ヨガをしたり、踊ったり、歌ったり、泣いたり、なにやら呪文を唱えたり、本を読んだり。誰に遠慮をすることもない。自分が自分であって良い場所なのだ。生きるってこういうことなんだ。人生を生きることって何だろう?ここへ来る数日前に突然浮かんだ疑問の答えがあった。働くために生きることが人生ではない。

この旅の最も大きな目的だったプレマナンダ氏のお話、笑顔、存在、祝福全てが夢のようで素晴らしかった。でも、アシュラムの生活で私が得た一番の大きなギフトは、自分を取り戻したこと。水も汲みに行かなければない、寝床にはアリや、ヤモリが這い回り、カヤを一歩出ると蚊の猛攻撃にさらされる。それでも、この自由な空気、何物にも束縛されず、自然の中で呼吸できるこの環境を魂が、細胞が喜んでいる。
そういえば子供の頃、木に登ったり、岩山に登ったり野生児だった。いつの間にかべったりと身につけた垢のように外見を飾り立て、武装し、実際より大きく見せようと虚勢を張って生きていた。そして、本来の自分を無視し、否定していた。アシュラムでの生活をサバイバルと思っていたが、実際にサバイバルをずっと強いられていたのは「俗世」で生きている私の魂の方だったなんて!・・・・。自分の魂と身体に心から詫びた。今まで無視して、傷つけてごめんなさい。これからは一緒に生きるから、許して、と。

3 日の予定を変更して4 日アシュラムに宿泊し、帰る日にまだ帰りたくない、と思った。こんなマジカルなところにあと1 週間あと1 ヶ月いたら、どんなに心が洗われるだろう・・・。社会復帰が難しくなる可能性も大きいけれども。

帰りの空港で待ち時間にペッタンコの靴を買った。「何でその靴買ったの?」 聞かれて、「もう背伸びするのやめたから。」 何も考えずに口をついて出た言葉。
美保子さん、これが今回の旅の成果です。ありがとうございます!
(K さん、東京都)

 

~2009年、女たちのクリスマス in jeep 島の旅、ご参加の皆様から~

heart 天からのクリスマスプレゼントでした!

1.“目覚めよ”の声

ジープ島から戻って2日目の朝。夢の中でなんとも幸せな雰囲気に包まれていた。その時、“目覚めよ”との声とともに携帯の目覚ましがなり始めた。時刻を見ると “5:55分”。思えば2 月のインドで “5:55分”の意味を知って以来、私にとってスペシャルな数字になっている。見るたびに、自分の内面の変化が加速している。この時間に、起きたということは“今旅のまとめをしなさい”ということなのだろう。早速、気の向くままにまとめたい。

今回のジープ島の旅、とにかく私にとって、パーフェクトな旅だった。必要なタイミングで現象が起こり、必要な人がそこにいて、必要としている答えがあらゆる角度から与えられた。何が起きたというのでしょう?どう説明していいのか分からないほどにミラクルで、マジカルな経験、神聖な体験をさせていただいた。

2.ジープ島での出会った素晴らしき人・犬、出来事

私たちを温かく迎え入れてくれる ジープ犬、“ジープ”と“ビキニ”
人懐っこく、人が集まるとそこに自分たちも集まって和に加わる彼ら。
ご神木にご挨拶すると噂に聞いた光り輝く虹、1 日目に3 度も見る。
聖霊が迎え入れてくれたと喜ぶ我あり
聞けば、2 週間の島のご養生後の開島一番のグループとのこと。
毒まみれの私を癒すに充分な、精気。
浄化され 癒された空間 何かが起こる予感を胸にジープ島生活が始まる。
シュノーケリングで海へ。そこは珊瑚と魚たちのパラダイス。
目を疑うようなカラフルな魚たちが幸せそうに生きている。
海から上がれば、“天戸温泉”(我らが旅の企画者の一人が勝手に命名?した、海水温泉)でデトックス。
毎朝S 氏ファミリーによって清められる 真っ白で穢れのない海岸
その海岸で、毎日飽きもせず、砂に首まで埋まってサンド・デトックスに貝拾い。
日の出とともにする瞑想は、深く、雑念が少ない。
24日、クリスマス・イブの夜、イブを祝う。勿論、サンタさんにお願い事をする。
25日、クリスマスの朝。枕の下にプレゼント!!! 生まれて2 度目のサンタさん。
感謝しながら、ケーキでクリスマスを祝う。図らずも、その日、島のキング吉田よりキリストの話を聞く。
27日、島を維持する“神官”(我らが旅の企画者の一人がこれも勝手に命名)S 氏の誕生を祝う。S 氏の妻そして息子(4歳)も我々と一緒に入島。しばらく家族暮らしをするという。そんなスペシャルな日を一緒に祝える私たちは幸せ者。
S 氏の息子4 歳と島に住んでいるH ちゃん、言葉の通じない二人なのに、二人は昔からの友人のよう。二人の笑い声は私の心を癒し、島の聖霊をもパワーアップ。
聖なる日は続く。穏やかで、身体もつまりのとれたパワフルなコンディション。

3.親愛なる仲間から、私へのメッセージ

親愛なる仲間との語らいは、朝起きてから夜寝るまで続く。そして、私の疑問に対する多くの答えは、友人たちの口を通してやってきた。例えば、「決定的な一歩を踏み出すためにはどうすればいいのでしょう?」という質問に対する答え3 つ。
1 つ目、“チャンスの神様は、準備が整っていないときにやってくる。でも、片手でグイッとつかみながら、反対の手で準備をすればいいのよ!! その勇気とリスクをとる決意がエネルギーになるんだから”と。今の私なら直感でつかめると思う。
2 つ目、“何がなくても、創めれば、応援する人、興味関心がある人がそこに集まってくる”キング吉田の言葉。実際に物事を動かしてきた人の言葉だけに、説得力あり。そのちょっと前から、Tちゃんが“貝のパラダイス”づくりを開始。それを見た私たちは、それ面白そうと、精力的に貝集め。“貝のパラダイス”はあっという間に美しい貝で埋め尽くされた。最後まで、面白い、美しい貝があるとそのパラダイスへ。S 氏へのプレゼント・スパイダーウーマンの美保子さん手作りドリームキャッチャーにはそれらの貝も大活躍。始めれば、いろいろな方向広がるもんだね!! キング吉田の言葉のミニ体験までしてしまった私。始めれば、仲間は現れる、そう信じてまずは一人始めよう。
3 つ目、”他者のために働くこと”自分を愛することを学び、バランスを取り戻せた今、取り掛かれることかな。バランスの整う前の響きとは全く違う。どうすれば人の役に立てるか、自分なりにやってみようと思う。

聞いてしまって、体験した以上、もう昔には戻れない。静かで、穏やかだけれど、きっぱりと“もう始めるしかないでしょう”内なる声が響いている。実はもう既に、2 人の人にこの言葉を伝えてしまった。同じ状況にある2 人と直感的に感じたから。12 月30 日の朝、5:55分 から、シナリオもなく書き始めてこの結論。私の人生、またまた加速すると思う。

4.言葉では言い尽くせない感謝

このジープ島の聖霊、そして、私をそこへ導いてくださったすべての方に、心より感謝申し上げます。本当に有難う!!!!! All my relations!!!  With Love, Joy, Life!
(M さん、福岡県)

 

heart Jeep島。「イルカと泳げて、星空を眺めながらそのまま寝てもOK な小さな島」
そして「自然な、素の私に戻れる場所」でした。

時計も気にせず、お日様が昇ったら起きて浜辺で貝拾い。すべて自然が中心で、私たち人間はそれに合わせるだけ。

ジープ島にいると、仕事のことも友達のことも何もかも忘れて、「ただ、今ここに、私がいる」
心の思うように任せて過ごした、今までにない素晴らしい時間でした。

だから、みんな笑顔が絶えない。子どものようにきらきらした瞳でそれぞれの時間を楽しんでいました。
忘れていた子どもの頃のこころを思い出しながら。そんな気持ちで迎えたクリスマスイブ!
サンタさんに「ほしいものなんでもかなえてあげるよ、言ってごらん!」と聞かれ
「わーい!本当に!?」とバンザイしてワクワクしながらサンタさんに伝えました。

そして翌朝、枕元にプレゼントが・・・!!子どもの頃にこんな体験がなかった私は、今、このうれしさを体験しました。
サンタさんは、私やみんなの願いを叶えてくれました!そして今現在でも願いがひとつひとつ叶っている最中です♪

島を離れる最終日には、待ちに待ったイルカとの出会い。
夢中でイルカを探していたら、現地のガイドさんより先にみつけてしまいました(^^;)

もう海の深さなんか気にしていられない!早く!早く!イルカさんたちと一緒に泳がなければ!!

慌てながらもみんなで飛び込んだ海。
まるで「よく来たね~!待ってたよ!一緒に遊ぼ~♪」と言わんばかりにイルカさんたちの楽しげな泳ぎっぷり。
見ていて楽しかったなぁ。

最初から最後まで「自然とともに生きることの喜び」をからだの底から学びました。
旅に参加させていただきまして、本当にありがとうございました。
(T さん、埼玉県)

 

heart  妖しい女7人と、最高にステキなジープ島でのクリスマス!
海もやしの木もヤドカリくんも魚たちもサンゴも犬たちも、島で出会った人たちも、
太陽も風も虹も天使たちも、みーんな優しくキラキラ輝いていました。
何をしてもいい、何もしなくてもいい時間がゆっくり流れています。
海を眺め、雲を見て、虹を見つける。海に入り、色鮮やかな魚たちを見つける。
ヤドカリくんをよけながら、貝殻やサンゴを拾う。ごはんを食べて、お昼寝・・・
やしの葉でカゴを編み、拾ったサンゴや貝殻で飾りを作った。
そのときデジャヴを見ました!
びっくりしたけど何とも不思議ななつかしい感覚・・・
ごはんを作ってくれたTちゃんにも昔に会ったことがある気がしました。いつの記憶・・・?
イルカさんたちに会えたとき鳴き声が聞こえた。海の中を楽しそうに泳いでいるのを見ているだけで
優しさが伝わってきて涙が溢れてきました。

ここに連れてきてくれた天使たちに感謝です。必ずまた来ます!
島でのみんなの優しい言葉と笑顔が忘れられません。
自分を信じること、自覚すること、これからのこと、宇宙のこと・・・
これからひとつひとつが繋がっていく気がします。
目標に向かって進んでいく勇気をもらいました。最高のクリスマスプレゼントをありがとうございます!
こんなに笑った旅は初めてでした!
(L さん、栃木県)
 

 

 ~2009年、南インド、オーロヴィルの旅、参加者の皆様から~

heart 美保子さん、先日のインドの旅では、本当に言葉では言い尽くせないほど、お世話になりました。本当にありがとうございました。インドの旅、予想外?予定外?な旅でした・・・。 というのも、インドはヒーリング、エステツアーだと思っていたのです!
ずっと 疲れていたのと、仕事で忙しかったので。。。
エステに星占い(アガスティアの葉は占いみたいなものかなと思っていたので) というのもいいなあと思っただけで、全く旅への準備なく、ガイドブックもちょっとくらい予備知識を入れとかないと失礼よね、と旅行の3 日前くらいに職場の人に借りただけでした。 美保子さんにまた会いたいなというのとボーッとしようというのが旅の目的でした。

それが行ってみると、インドの車の運転にビックリ! アガスティアの葉に真剣になり、ホテル1 日目で、「明日から、お湯はでないので、今日のお湯を楽しんでね」という言葉を聞き、ビックリ!!
オーロヴィルのVJ、プレマ夫妻に会ってビックリ!!確か、セッションという文字は見たけど、会うだけだと思い込んでたみたい・・・???ということが、会って質問されていくうちにわかりました。でも、このご夫妻、とても愛にあふれた方々で、1 週間くらいセッションを集中して受けたいくらいでした。

自分に向き合わなくてはならないので、途中はつらくて、きつくて、もういいかなとも思いましたが・・・そんなときに、美保子さんや一緒に旅をした仲間のサポートが絶妙に入り、ほんとにすばらしい旅でした。

今からが本当に自分に向き合えるんだと思います。
美保子さん、本当にありがとうございました。美保子さんのサポートがないと無理でした。美保子さんにセドナで会ったときに観音さまみたいだなあと思ったのですが、やっぱりそうでした。

そして、思いがけず、長年思っていた思いが解放に向かうきっかけをいただき、本当に感謝の一言に尽きません。

 美保子さんにも「始まりだから」と言われましたが、ホントにやっとスタート地点に立った気分です。
インドでのご飯は、全て美味しかったですし、最後にはインドの運転にも慣れてきて、トイレ事情や、雨季だったので湿気の含んだベッドや水シャワーもなんとか・・・慣れてきました。次はセッションもエステも盛りだくさんで行きたいなと思います。また、旅をご一緒してください。ありがとうございました。
(M さん、兵庫県)

heart  インドに着いてからもインドに行ってる感覚がなかったです。シュカの葉の順番を待ってる間にお散歩に行ったら、小学生くらいの子達にあったり、ヤギ・ウシを間近で見たりカレーやさんに行ってチャイとカレーを食べたりして街中をプラプラ歩くのも楽しかったです。シュカの葉を読んでもらった後は気分が良くなって、もう日本に帰ってもいいかなぁって思いました。

VJ さんとプレマさん達にあった時、陽気な人たちで圧倒されました。最初は何をするのかもわからなかった、だけど話を聞いてるだけでも勉強になることが凄くあって、帰る頃には日本に帰らないでもっとここに居たいなぁって思ってました。

セッションで使ったお部屋の匂いはなんか落ち着く匂いでした。マッサージをしてもらう前も、海に行って小さいカニを見たり、貝殻を拾ったり、ハンモックで寝てたり(~_~) お昼の卵のカレーは一番おいしかったです。

普通に仕事してたら時間が過ぎるのが遅く思うけど、インドにいる時は時間が過ぎるのが早くて、1 日がすぐ終わってしまう感じがしました。短い時間だったけど、日本にいたら体験できないようなことをインドでいっぱい体験することができて良かったです。また行きたいです(^ー^)
(M さん、栃木県)

 

~ 2009 年、アーコサンティ・アセンションセミナー、ホピ、セドナへの旅、ご参加の皆様から~ 

 

heart アセンション真っ最中のこの時期に、巡り会う人たちは、絶対にお約束の人達。銀河の仲間達・・・そんな気持ちを持ちつつ、ワクワクしつつ、参加したセドナへの旅でした。自称「石キチ」の私ですが、なぜか『アンダラ』のことを知ったのは最近のことで、美保子さんのホームページにどうやってたどり着いたのかは、未だに思い出せません。

そして、『アンダラ』達に一目惚れしてから彼らが私の手元に来るまでの早かったことに驚きつつも、私の今生での使命にクリスタルが大きく関わっていることを教えるために彼らが登場してくれたことを確信しています。

美保子さんが、あの『宇宙心』を書いた方だと知ったとき、宇宙とシンクロしている自分を感じました。中学生のころからスピリチュアルな世界を生きていた私にとって、セドナはいつか必ず行く所として常に心の片隅に存在していました。ネイティブアメリカンだった過去世を思い出したのは、今年の1月のことです。「ホピの預言」についてや、彼らがどこから来たのか、日本人とのつながりについて等知ったばかりでした。

セドナへ、そしてホピランドへ行くツアーが紹介されているのを見て、これは私に用意された旅なのだと直観し、即仕事のスケジュールを調整して申込みをしたのです。

何よりも楽しみにしていたのはアセンショントーク。初めてお会いした時に、いきなりのアセンショントークが始まって、私の頭の中ではすでに沢山の書き換えがおこなわれました。毎回のセッションでも真実の宇宙情報、驚愕の事実! 山盛りのアセンショントークに心が躍りました。「ここまでの話は、ほんのさわりですから・・・」なんて、どーしましょう、もっと聞きたいです、教えてくださ~い。

ホピランドでは「カチナダンス」を見ることができました。旅の日程表にホピランドでカチナダンスの見学があったのですが、ダンスをやる日は、3 日前にならないとわからないそうですね。美保子さんはカンでわかるらしい・・・ほんとにミラクルなスパイダーウーマンです。

ダリーンのサイキックセッション、ノボの数秘術では質問をいっぱい用意して受けました。知りたいことすべてに的確な回答がLOVE とともにやってきました。

不思議なことにお二人のリーディングには数々の一致点があり、今後の私の人生を大いに後押ししてくれるものとなりました。カテドラルロックへのハイキングではみんなの『アンダラーズ』ちゃんを川の中につけてリフレッシュ。かつてのレムリア神殿のふもとを流れる川からエネルギーを充填してもらい、レッドロックの川原の上で日向ぼっこをしてとても幸せそうに輝いていましたね。

美保子さんをはじめとして、今回の旅をご一緒した方達とは、初めて会ったとは思えない、一日中いっしょに居ても少しも気苦労がなく、話題に事欠かないと言うか、まるで同窓会のように笑いにあふれる時間を過ごしました。私は心の中で、銀河の友との再会を感謝し、毎日眠る前に宇宙に向かって“ありがとう”を言いました。本当に楽しくて、うれしくて、幸せだったのです。今回の旅のすべてにつなげてくださった美保子さんに、心から感謝しています。ありがとうございました。
(M さん、東京都)

heart この度は本当にお世話になりました。
まだ、うまく言葉にできないのですが、完璧!でした。もうどこから何を言って良いのかわからないほど、完璧でした。
この行動を起こさなければいけない、と美保子さんが気づき、無私の愛で実行に移してくださったからこそ実現したことで、美保子さんにはどんなに感謝してもしきれません。完璧な旅行でした。
凄くドラマチックな旅を想像していたのですが、そんなものではなかった。言葉では足りないほど、はるかに凄まじくドラマチックな旅でした。

出発直前に美保子さんのサイトに、この旅行について「準備のできた人だけが集うものと信じています」と書かれたのを見、もしかして私は間違って申し込んでしまったのではないかと不安に思いました。そして、同行してくださる方はアカシック・レコードにアクセスできる人と知らせていただき、オール2の成績表を見せられてうなだれている自分を想像しました。
成田で同行の人たちと会ったとき、そしてフェニックスの空港で美保子さんと会ったときの私は、ものすごく構えていたと思います。でも、すべては杞憂でした。この旅行で教えていただいた、今までの人生からは推測し得ない素敵な現実によって、生きることがマジカルな、素晴らしいものに変えられたのです。

毛虫から蝶へ、醜いアヒルの子から白鳥へ。まさに生まれ変わるための旅でした。奇跡のように私たちの目の前で起こった、ヤゴがトンボへと脱皮する瞬間がそれを象徴しました。

空港で初めて会ったばかりの人たちと日に日に目を見張るばかりに打ち解け、いつも笑いが絶えず、次々に起こる衝撃的な感動に涙の絶えない1週間でした。愛する人たち、尊敬する人たちができた。今まで受けたことのないほどの圧倒的な愛をもらい、そして与えることもできた。学んだこと、一体感、すべてが経験のない壮大なスケールで、そして至上の幸せでした。

今までの人生で疎外感を感じ、なんで自分は他の人のように普通に生きられないんだろうといつも悲しく思ってきました。その謎が解け、辛いはずの、修行であるべきだと思い込んでいた人生が、実は楽しむためのもの、豊かでいいんだということを教えてくれたのがこの旅行でした。完璧な旅行でした。
1日たりとも余分ではなかったし、足りなくもなかった。さあ、帰ってからもっと人生を楽しんで、もっと愛を与えて、愛をもらって自分の役割を果たすぞ!と幸せな気持ちで、すっかり家族になった同行の皆さんと暖かく抱き合って日常へ戻ることができました。今までどんなグループにいても常に疎外感を感じ、無理して笑っていた私に自然に笑える人たちがいたということ、一緒にいても無理がない人たちが存在するということ、そしてその背景、まだ十分に自分の中で消化しきれていないのですが、もうめまいがするほど素敵です。そして、愛を与えたくてもらいたくて渇望していた、でもそれがうまくできなかった私に愛を下さり、心の開き方を教えてくださった本当のヒーラー、あっこさん。寸分の狂いもない一連の完璧さは目を見張るほどです。

スパイダーウーマン、美保子さんが何を成し遂げんとして無私に働いているのかを悟り、そのプロジェクトのすごさと、大きな愛と行動力には言葉がありません。
自分勝手なみんなのやりたいようにやらせ、何を指示するわけでもなく、それでも、自然にみんなをまとめる、その手腕はスパイダーウーマンに他なりません。美保子さんの大きな愛に感謝いたします。ありがとうございました。
(I さん、東京都)

heart このたびは「ホピ&セドナツアー」に参加させていただきましてありがとうございました。
本当は7 日間も休みが取れるはずのない会社なので、参加するかどうか迷っていましたが、その時ちょうど目の前にすす~~っと蜘蛛が下りてきて「参加しよう!」と決意したことがきっかけでした。もうそれからはあれよあれよという間にパスポート申請をし(この時も私の腕に蜘蛛がつたってました)、旅の準備をし、無事に初の海外旅行を迎えることができたのです。旅が始まる前から、マジカルな体験をさせていただきました(笑)

アセンショントーク、ホピの長老と会った事、ダリーンのセッション、ノボの数秘術 etc・・・ いろいろなことがありましたが、その中でも5 日目のレッドロックでのハイキングのことについて書こうと思います。

この日は旅の締めくくりともなる日で、午前中はチャペルオブザホーリークロスに出向き、レッドロックの川でアンダラさんたちを水で清め、午後にノボさんの数秘術を受け、フェニックスへ向かうという、少し駆け足で予定をこなしていくような感じでした。前日の話の中で「古い自分から新しい自分へ生まれ変わる」というフレーズを何度も何度も聞きましたが、まさにそれが現象化して目に見える形で現れたのが、レッドロックの川での出来事でした。

アンダラさんたちを水浴びさせて、仲間たちとのアンダラさんたちと仲良く日光浴させていたところ、水際にいたヤゴが、今まさにトンボになろうとしているではありませんか! ヤゴの背中から白くて美しいトンボが生まれているところなのです、しかも日中に!驚いてしまって、みんなを呼び集め、時間が経つのを忘れてその生まれ変わりの瞬間に一同見入ってしまいました・・・。
まさに「新しく生まれ変わる」ことを自然から教えていただきました。本当に貴重な時間をいただきました。もう、この時のことは、忘れることができないくらいの素晴らしい出来事でした。

この旅で出会った仲間たちと過ごした時間、出来事はずいぶん前から約束されていたことなのでしょう。
空港で出会って数時間もしないうちに打ち解け、強いきずなが結ばれて私たちはいつでも一緒であると思えてならないのです。今まで誰にも言えなかったことが当たり前のように言え、時間と気持ちを共有できたこと、そしてこれからも繋がっていけることに深く感謝します。美保子さん、本当にありがとうございました。

日本に帰ってから、毎日絵を描くようにしました。まだ、お見せできないほど拙いものなので、もっと自信を持って見せれるようになりましたらお送りいたします。
また、今朝はノボさんが言っていたバーニングボールをしました。終わった後、喉のチャクラあたりが軽くなった感じがし、自分が自分であることの自信がわいてきました。
これからが本当の私のはじまりだと思います、がんばります。
(O さん、東京都)

heart  自分の核に近づくための旅となりました。ほんの2 年くらい前まで、自分の存在を証明しようと必死で生きてきました。何をやっても楽しめず、違和感だけが残る日々が続いていました。何かが違うと内なる声は必死で教えてくれていたのですが、どうしていいのか途方にくれていた日を、この旅では懐かしく思い出すことができました。たぶん、少しだけ自分が成長し、自分を受け入れられるようになってきたのでしょう。
「準備が出来た人が参加することでしょう」という文言に、何の準備だかわからないまま、でも、セドナ&ホピの旅に心ひかれ参加しました。ホピの長老とお会いしたい、また美保子さんと旅をしたい!!!セドナとホピのエネルギーを感じてみたい!!この強い動機が、この旅を実現させてくれました。

果たして、この旅は、”私の人生設計に最初から組み込まれていたのだ” と今では確信しています。

正直、アセンションの部分は非常に奥が深く、一部しか理解できませんでした。でも今の自分に必要なキーワードは、JOY LIVE  ENJOY、感じること、手放すこと、内なる声とつながり、耳を傾けること これらに尽きると思っています。これらのことは本で読み、頭では理解していました。でもワークの微細なエネルギーとパワー、熱心な仲間のエネルギーの後押しにより、身体そして精神にまで染み込み始めている感じがしています。
セドナでのリーディングでは、2 つ別々に受けたにも関わらず、共通する点がたくさんありました。何よりも、自分の人生の目的が明らかになりました。彼らが言ってくださったことは、受け入れがたいようなこともあり、うっそ??と思わず言ってしまうこともありましたが、それがあたっているか、あたっていないかはどうでもいいことだと思えるようになりました。過去の違和感や言動が自分なりに理解できるようになりましたし、何より胸の奥の私が、”そうだ”と喜んでいてくれる気がするからです。そして、何より、自分の中に眠っている能力に気付けるチャンスを下さったからです。少なくとも自分がその能力に気づき、信じることができるようになりたいと、強く思いました。

もう、自分を他人に承認してもらおうと底なし沼のようなむなしいあがきをしなくてもいい、そう思えただけで充分です。”傷の中にギフトが隠されている”過去のすべてが自分のために準備されており、そしてそれは、自分が自分の成長のために、生まれる前から計画してきたのだとも思えるようになりました。
自分を証明する必要は全くないこと、必要なことはすべて用意されていること、ただ自分が幸せを感じつづけることが大切なこと、それがすべての始まりなのだと強く信じることもできるようになりました。

旅から戻って1 週間くらい、朝3 時から毎日、大掃除をしています(もちろん音をたてないように)。必要でなくなったものに感謝しつつ手放し、必要なものを整理しなおしています。部屋の隅や普段気づかない埃やゴミをひたすら掃除しています。窓を全開し、風を入れ、光をいれ・・・あせりがなくなり、掃除も、食べることも、寝ることも、すべてを楽しみながらすごせています。本当に満ち足りています。
All My Relations( 真似させていただきたいと思います。素敵な言葉ですね!)感謝を込めて
(N さん、福岡県)

 

~ 2008 年、南インド、オーロヴィルの旅への参加者から~

 

 

heart   ホピの時と同じように、初めてインドへ行というくのに、出発前はとても穏やかな気持ちでした.
バンガロールで、順番にアガスティアの葉を読んでもらいました. どんな話をしてくれるんだろう? と興味津々・・・
過去世の話から,今世生まれてきた目的,現世で何があったか,未来の話し・・・と続きました.
驚いたのは「○○歳の時に○○だった」と言い切ることでした. 一番知りたかった結婚の話や人生の目的は,自分でも思っていた通りだったので、やっぱりそうなんだ・・・と確認が出来て良かったです. セドナで受けたリーディングとも重なっていて本物だと感じました.

 オーロビルは波の音が聞こえて,自然に囲まれた本当にのんびり出来る場所でした.たくさんのヒーリングを受けた中でもアーユルベーダは想像していたものとは違って自分の中のエネルギーが動き回って余分なものが出た!!と感じるくらいパワフルでした.

帰る直前に逢えたVJ とプレマは、本当にハートが温かくて色んな話を してくれて,たくさん学ぶことが出来ました.
また逢いたいなぁ~と思いました.---そしてその願いは実現し、2009 年に再会を果たせました。

彼らのゲストハウスに到着!!再開を喜ぶなか、 次の日の朝,早速天使からのメッセージが聞こえてきました.
それは「CHANGE!!」というシンプルなメッセージ.天使が教えてくれたとおり,VJとプレマ と行なう ワークはそれぞれがなりたい自分に変わるものでした.たくさんの話をしていきながら自分たちが自分たちの本来の姿に気づいていくものです.
変化することは恐いと思ってしまいますが・・・実はとても楽しくてワクワクするものです.

私の今回の旅での一番の収穫は、最後に行った過去世へのワークでした.
少し前からあと一歩がなんででないんだろう? と思っていた謎が解けたんです!そして自分にもっと自信が持てるようになりました.
インドの人達はとてもパワフルでその時を一生懸命に生きてると思いました.
私もその時々を大切にして前へ進んで行かないといけないな・・・ と考えさせられました.

毎回旅を重ねるごとに自分も成長しているんだなと思います.この旅で一緒になった方々に感謝の気持ちでいっぱいです.
そしてこれからも美保子さんには素敵な旅をナビゲートしていただ きたいと思います. これからは天使の愛を1人でも多くの人達へ伝えて行きます! Love
(Y さん、東京都)

heart 「インドに行こう!」と 誘われて… 「インド!?」…と言う気持ちと、「私も一緒に行っていいの!?」…と言う気持ちと、「休み取れるかな!?」と言う気持ちでいっぱいになりました。何とか休みも取れてインドに来てみると、まるで想像もつかなかったインドが広がりました。

インドに行って本場のカレーを食べてくると決めて来た私を待っていたのは本場のイタリアンだったり・・・(笑~!)、
数々の素敵な出会いがあったり、またセッションでは今まで目を背けてきた自分と向き合う体験をさせて頂きました。

自分には見えない部分を皆さんを通して見せて頂いて…

正直ショックだった部分もあったけど、仲間に優しい言葉を頂いて支えられ助けられました。本当に有難い仲間に出逢えました!!ありがとうございました!! 心から感謝します!! インドに行かなかったら…ありのままの自分に向き合う事も、受け入れる事もできずに日々の生活に追われて過ごしていたと思います!! まだまだ不必要なものを手離し切れずに抱え込んで居るかも知れませが…段々に不必要なものを手離して、新たな自分と向き合い、ありのままの私を受け入れて生きます!!

またいつの日かインドツアーに参加できるように日々を楽しみながらお金を貯めたいと思います。(笑)
引き寄せの法則ってすごいですね!最後になりましたが、美保子さん、こんな素敵な機会を与えて頂いてありがとうございました☆
(T さん、栃木県)

heart 心の中に閉じ込めた扉がありました。 そのカギを開ける勇気がなくてずーっと「時」を待っていました。
今回の旅に行く前は、不安や怖さがいっぱいあり、考え過ぎるくらい悩みました。 けれど、1週間前位から、何も考えず流れに任せようと思えるようになりこの旅に出発しました。何をするのかも分からなかったけど、目の前のことに素直に入っていけました。

「CHANGE」 仲間の言葉。 プレマとVJ の姿を見てすぐに、全てOK! 開く! と思いました。
愛のパワーが溢れていました。涙があふれ出て、止まりませんでした。みんなの中で、ごく自然に本当に風にようにカギが開けられました。うれしかったー 楽しかったー 幸せいっぱーいの愛に包まれていました。

オーロヴィルの大地のパワー、木々のパワー、鳥たちの声の中で過ごし、 生まれ変わった自分がいました。
今まで全然生きていなかった。 一つ一つの言葉を伝えてくれた美保子さんに感謝でいっぱいです。

また、この旅に誘ってくれた友人と、この時間を共有できた仲間にも・・・本当にありがとう。
この旅を通じて自分自身を見つめ直し、自分を愛する心、人生を楽しむこと、愛を学びました。
これからの私を見ててください。 この愛のパワーをみんなに送ります。
(L さん、栃木県)

heart 南インドへの旅。インドに姉と行くとは、思ってもいなかった、のが本心です。(うひゃっ・・・笑)

 さて初めてのインドは・・・・・聞いたり本などで読んだりしてきた匂いと町並み人と牛・・・ そのままでした。いえ、人々の美しさは対面して初めて感じました。インド人ってホントに綺麗でした・・・うっとりです。オートリクシャーの走りっぷりは、乗ってみなきゃ分からないといった感じですね!

アガスティアは、以前本を読んでいたので、行くのなら、私の葉っぱはある、と決め付けていました。どんな内容なのかが一番気になるところでしたが、本物なら間違いなく、今 自分が悩んでいる事が一番に書かれている! そう思っていました。なので敢えて聞きたい事をメモして行くことはしませんでした。

葉っぱでは、やはり一番に私の聞きたかった事が最初に出たことが驚きでした。ただ その答えは、もっと明快なものだと思っていたので、その場で考えこんでしまいました。アガスティアなるものでも全てが決められたものではなく、大筋はあっても個人の選択により変わっていくのだと知りました。それにしても81歳以上生きるとは、乳がん検診で精密検査を受けるように出た結果を怖がらずに検査に行けそうです。

それよりも オーロヴィルが非常に不思議でした。ガイドブックに出ていない都市。ネットで検索しても情報がほどんどありませんでした。エコな都市、瞑想するドームがあり世界中から集まった人々が作った都市・・・・すごっく素敵♪
でも うぅーーーん ホントにそんなのがあるの? 宗教とかに関係してないんだろうか? わくわくするような、でも疑うような気持ちで、アガスティアよりも私の意識はオーロヴィルに傾いていました。

オーロヴィルでの体験は、思ってもみないものでした。
姉の光の体験を眉をひそめるどころか、納得して聞いてくれる人たち、みんな凄い力をもっているんですね。アーユルヴェーダの体験でも私には普通に気持ちいいだけのものでしたが、気を感じ流れを感じてと 深い深い体験なのだと知らされました。あー少しでも感じる事ができたらいいのになと残念でした。

でもWATSU、 ウォーター指圧は、少しだけ感じさせてくれました。水の中での心地よさ、息苦しくないからもっともっと居たい! 移り変わる光の色が素敵でした。肉体ではなく ホントに魂だけになったような感覚。また機会があったら是非受けに行きます!!!

そして最後に伺ったヒーラーのVJさん! 何と~~深く深く考えなくてはいけない事、また気づかなくてはいけない事を教えてもらいました。何よりも同じ環境で育ってきた姉との、両親に対する思いの違いに驚くばかりでした。

「もっと愛されたかった」
とても衝撃的でした。でも小さい頃を思うと、姉はいつも自分は二の次だとぼやいていました。
「あんたは一番下だから可愛がられてる」とよく言われてましたね。私が両親に抱いていた思いは「喧嘩は止めてくれ」でした。愛されているのを十分に感じていたので、それを武器によく喧嘩を中断させていました。
しかしそんな事は小さい子供だからできる事。
インナーチャイルドの癒し、それは 深く心で受け止めて 小さい頃の自分を思い出し、
大人になった自分が 癒してあげる。忘れてしまった感情は、消えた訳ではないんですね癒しは、誰にでも必要なことなのかもしれません。そんな事をインドから帰って漠然と考えていました。
このインド旅行は、ただ楽しかったといようりも、もっともっと深く感じて考えていくことを教えてくれたようです。ブレてしまった自分を正すのに、まだまだ時間はかかりますが、必ず取り戻し自信を持って生きていける、そう希望を感じられるようになった大きな旅でした。

またツアーに参加された皆様の凄い力と優しさに感動しました。この旅行だけでなく、今後も皆さんと繋がっていけたらと思っています。素敵な企画を遂行してくださった美保子さん、本当にありがとうございました。また お金を貯めて参加できるように頑張ります!
(S さん、東京都)

heart 素敵なインドへの旅行に参加させていただき、また現地ではお世話になりました。
3 年前から旅行するようになり、その度に自分自身を少しずつ知ることができました。インドでもきっと自分を知ることができると確信していました。

インドの旅のことを告げる美保子さんのブログを見たとき、「呼ばれた!」と、直感しました。アガスティアの葉は行く前から半信半疑でしたが、これを信じるとか当たっているとかとしてではなく、よかったです。私は家族や親、兄妹のことはいつも考えていますが、自分自身のことは、特に結婚してからは考えてこなかった。リーディングで自分が褒められることがあるなんて意外でした。うれしかったです。
また、羨ましくねたむ気持ちを捨てなさいと言われましたが、本当に同業者をねたむ気持ちがあって苦しい思いをしていました。こんな思いは苦しいだけで何もなりませんね。大切なメッセージとして受け止めました。

オーロヴィルでは一日目の一番最初にアーユルベーダを受けることができ、とてもよく効きました。
お酒に酔った感じでしょうか。随分長く続きました。WATSU は私には大した感じはしなかったのですが、後で送られてきた写真をみて受けてよかったんだなと思いました。

ここに滞在中のオーガニックの食事がおいしかった! 受けたセラピーは二つだけでしたが、効果があり、ゆっくりできました。最後に行った美保子さんのオーロヴィルのお友達、VJ さんはすごい人ですね。あそこからお腹の調子が半日ほど悪くなりました。エネルギーもですが、人を読む方ですね。

4 年ほど前から見えない世界からのアプローチがありましたが、無視していました。こういう世界に興味のある世の中の役に立つ人のところに行ったらなんて・・今回の旅行でこの見えない世界からのメッセージを受け止めようと思いました。

あっという間のインド旅でした。アガスティアの葉や、美保子さん、同行していただいたみなさんから、私を知ることができました。ありがとうございます。そしてあたたく迎えてくれたインドに心から感謝します。

インドは、やはり私にとってとても意味深い旅行になりました。インドから帰国してから宇宙のエネルギーが頭から入るようになり、宇宙とのつながりがスムーズになったようです。質問すると、答えはズバッと返ってくるようです。

美保子さんはとてもすばらしい方でした。美保子さんにインドで「これから何がしたいか」という宿題を出されて途方にくれていましたが、帰国してわかりました。

追伸: 帰宅して二日目の夜、寝ていると物凄いエネルギーが頭から入ってきました。体の悪いところはびりびりしていました。アンダラが爆発したらどうしようと心配するくらいでした。 アンダラたちもクリア化が一段とすすんでいますよ。
(O さん、茨城県) 

 

 ~ 2008年、アーコサンティの旅、参加者の皆様から~

 heart アーコサンティでの~シークレットをひも解く~は本当に素晴らしいセミナーでした!! 能力開発のオタクの私が五つ星 ☆☆☆☆☆ 出しちゃいますよ!!(過去に300 万くらい投資しましたが!)。美保子さんやアーコサンティの仲間のおかげで、引き寄せの法則が加速している日々です。例えば…伊勢神宮に行きたいなー、でも高野山もいきたいなーなんて思っていたら、いつもは読まない新聞を適当にめくってビックリ! そこに当地発の伊勢と高野山のツアーが!!値段もいいし、日程もいいなと思っていたものの、日々の忙しさに忘れて切り抜きもどこかいってしまったし…と思っていたら子供が、じーじのうちから、なにやら新聞をもってきて、たまたま見たらそれはまたあのツアーが載っていて、まさか、もう予約いっぱいだよなーなんて思って試しに今日電話したら、ちょうど2 名空き最後あります!
なんていわれて、思わず予約して行くことになりました。 ホントにセミナーで学んだ内容の効果にはビックリ!! やればやるほど幸せになる人たちが増えるんでしょうね。素晴らしい!!!
(K さん、福島県)

 heart 必ず続編をやってください!! 絶対にまた参加しますので! 初日が終わったとき、もう3 日たったように感じました。正直言って、これほど中身の濃い、ハートの深いところにふれるものになろうとは期待していませんでした。信じて参加してほんとによかったです!これから先もよろしくお願いします!
(H さん、千葉県)

 ~2008年、ホピランド-セドナの旅、参加者の皆様から~

heart  最高!最高のツアーでした。思い返してみると?ハート、開く、舞台、フォーコーナーズ、もの言わぬ存在、変化、変身(蝶)、8 (蜂、∞の循環?)、新生(神聖、真性、心性)、フェニックス・・・あえていうなら、こんなところが今回のホピの旅のキーワードでしたでしょうか。
ホピの村に雪が降るなんて!それに長老から見せられたもの!! 信じられません。晴れあり雨あり雪あり雷あり、笑いあり涙あり、にぎやかあり沈黙あり、なんかあらゆる変化を味わえた気がします。もう一度やれ、といわれてもとても出来る気がしません。素晴らしくミラクルな旅だったと思います。もしかしたら少しは奇蹟の旅人になれたかしら?なんというシナリオを神さまは用意されておるのでしょう。そして、宇宙はなんと面白いのでしょう。ああ、この宇宙という最高の芸術の舞台に立ち回らせていただけること、なんとありがたく、なんとエキサイテイングな誉れでしょうか。不思議ですね、つい先日のことなのに、遠い昔の話をしているように感じます。がんばって思い出さないと、思い出せないくらいです(ここ数年そうですが、特に。)ただ、(だってそうだったんだもん。それでいいじゃないか。)という言葉にならん不思議なよい感覚だけが残っています。
今回の旅で大切だったことの一つに、「言葉にいいあらわせない」を感じる、ことがあったと思います。「ものいわぬ存在」を感じる、ことにもつながることだと思います。
セドナの風景、神の芸術の圧倒的なエネルギーにただ、オーーー、オーーー、と唸ることしかできず、言葉にならない。そこに神が、宇宙がござる・・・としかいいようがない感覚。ありがたくって、かたじけなくって、うれしくって、リスペクトがあって、親しみがあって・・・ ああ、、ああ、、ああ、、、、と自然と頭をたれずにはおられない、言葉にならない感覚。ワンダラーズという言葉、音楽。もはや宇宙の誉れ、とでもいおうか、永遠の宇宙の祝祭、とでもいおうか、素晴らしき宇宙的共通意識、とでもいおうか、言い表せない肯定の感覚。いえない。でもいえなくてよい。「だって、そうなんだもん。」そういった最高の感覚をまとめて「宇宙心」という言葉で補ってみます。そのすばらしい愛すべき「宇宙心」を同じ舞台で分かちあってくださったこと、本当に本当に嬉しく思います。ありがとうございました。最高のよろこびです。ほんとに話がはやく、わかりあうのに時間がかからない、時間が存在しない。まさに「宇宙心」こそがコミュニケーションの宇宙共通言語。そして魂に素敵な喜びの花が咲く。「宇宙心」こそが一番美しく、エキサイテイングであり、すべての花をさかせる、われわれの魂を永遠に惹きつけてやまない、最高の芸術。「宇宙心」があることの奇蹟。それ以外に何がいるだろうか。これ以上におもしろいものはない、なにもこれを超えられない。ただ永遠に「宇宙心」と一緒にいたいだけ。まさに永遠の祝祭。最高だ!!
自然こそ、宇宙心のすがた。地球こそ宇宙心のすがたそのもの。われわれは宇宙最高のかけがえのない芸術の星に生かされています。ああ、うれしい。アーロンからは愛のあるユーモアこそあらゆる問題を解くマスターキーであることを学びました、彼の愛に感謝。そして美保子さん、出逢ってくださってありがとう。美保子さんがいてくれてよかった、と心から感じます。

わたしにつながるすべてのものへ、宇宙和合の花が美しく咲きますように。

最後の日のピカピカ雷の花火のとき、フェニックスの地から、愛の光輝く虹色の鳳凰が、檻から放たれ、宇宙に舞っていったような気がしました。そうだったら素敵ですね!
(T さん)

 heart ほんとうに夢のような8 日間でした。この旅行が私の人生においてもっとも重要な機会となったことは、否定のしようがありません。ツアー旅行なのに、これは団体旅行ではありませんでした。それぞれ個人個人の「旅」でした。これほどまでに「旅」という言葉がマッチするなんて!!毎日が濃くて。きっとK 君も、T さんもそれぞれの人生の転機としてさまざまな経験をしたんでしょうね。美保子さん、それを辛抱強く、見守り、導いてくださりありがとうございました。

「天使っているんですか?」から始まったこの旅は「宇宙との和合、神とともに、自分の役割を演じきる!」という人生のスタートを切る「超最短!試験直前追い込みコース」でしたね。また、自分の心の声にしたがっていたら大抵は大丈夫ということを知ったと同時に、いかに心の声にのみ従うのが難しいかを思い知らされることにもなりました。思考から出る意見と、心の声とが混じってしまい、注意していないとどこから出た声かがわからなくなるんですもの。今でも何か出会いがあるごとに迷いつつ手探りです。もっとしっかりと心の声を感じたいな。

ホピ。大地という言葉がぴったりでした。その大地にひっそりと営まれる生活があまりにも質素で。これが正しい姿なら、私達はどこまで戻らなくてはいけないのか!と気が遠くなる想いでした。でも、きっと私の祖父母の時代とかわらないんですよね。そう思うと、たかだか百年の間の変化なんですよね。ホピの長老。お会いできて良かった。ハグしていただいた感触が忘れられません。どうしてお会いできたんでしょう。長老の家は祖父の家の雰囲気そのままで不思議でした。アーロンが撮ってくれた写真では生き生きとした表情で写っている。すばらしいユーモアと愛ですよね!リーディングも受けてよかった!具体的な行動が示されたことは、何よりも励みです。でもほんとうに最高の旅でした!この偉大なる地球がもっと美しさをとりもどしますように!自然と人間がもっと幸せでありますように!
美保子さん、こうした旅のプロデュースをずっと続けてくださいね!
(Y さん)

 heart 「こんな楽しい旅はない!と思える毎日で、あっという間に過ぎてしまいました。最初は緊張していたのに、美保子さんとアーロンに出会ってすぐにホッとしたのと同時に、胸がワクワクして、きっと素晴らしい旅になること間違いなし、とお腹の底で感じました。そしてその通りになりました! たくさんの学びを得ることができ、これから何をすべきかが明確になりました。それにこの旅で出会った素晴らしい仲間ができて、本当に感謝しています」
(N さん)

 heart 「この旅がこんなに重要で、学びの多い、かつメチャクチャ楽しい旅になるとは思ってもいませんでした。とてつもない旅!!でした。何より美保子さんと身近に接することができて、とてもよかったと感じています。これからは私なりの感覚を信じていけることを確認できました。細かいことを書けばキリがない感動の旅でもありました。人と人とのつながりを魂のレベルで感じられ、自分の魂が大いにうなずいているのを感じています。

ホピのことは詳しくメールで書かせてくださいね。普通のツアーではとうてい行けないような場所や店など、楽しくてもっともっと留まりたかったです。すてきなエネルギーをたくさんいただけた感動と感謝の旅でした。本当にありがとうございます!」
(O さん)

 heart 「スゴイ旅でした!人生の大きな転機だ、と直感でいきなり参加した旅でしたが、それだからこそ体験できた、貴重な一週間でした。現地で美保子さんとアーロンに出会い・・・このツアーのどの部分をとってもあまりにも意味が深くて、とてもひと言で“楽しかった”なんで片付けられるものではありません。セドナでは「私が心から望んでいたのはこんな旅行だったんだ」と、つくづく思いました。アーロンの献身的なサイキックリーディングも、マッサージも最高で、受けた人は全員が心から癒されていったのがよくわかりました。「ヒーラー」のイメージが良い意味でぶっ飛びました!

そして何よりホピで・・・ こんな貴重な体験をさせていただいて、美保子さんにとても感謝しつつ、その意味の重大さに身が引き締まる思いです。本当に価値ある旅でした。ありがとうございました」
(S さん)

 heart 「この旅は3 年前、S 先生という人のことを書いた本、「宇宙心」と出合ったことがきっかけで始まりました。そして今年、念願のその本の著者、鈴木美保子さんが案内をするというセドナーホピの旅に参加できたのです。
セドナは、私が思っていた以上にエネルギーに満ちてパワフルでした。そこでアーロンさんのヒーリングも加わって、私はセドナと一体になることができました。それは今までに味わったことのない、心の落ち着きと、地から吸収したエネルギーが体に充満し、泉のように湧き出るといったすばらしい感覚でした。
そしていよいよホピへ!この土地に住んでいたことを実感でき、そこで出会った長老の孫娘にも不思議な懐かしさを感じました。
素敵な人たちとの出会いに感謝します。また宇宙の未来に希望を感じられた旅となりました」
(M さん)